【中学生】数学の苦手は、正しい勉強法で解決!有効な声掛け例も紹介

中学校の数学では「マイナスの概念」がでてきたり「√」がでてきたりと、問題が抽象化され、難易度も格段にアップするため、数学に苦手意識を持つお子さまが増えてきます。

保護者の皆さまの中にも「うちの子、数学が苦手で…」とお悩みの方がいらっしゃるのではないでしょうか。

この記事では、「自分は数学が苦手」と思われているお子さまにお試しいただきたい関わり方や、数学の正しい勉強法についてご説明いたしますので、ご参考になれば幸いです。

この記事は約9分で読み終わります。

【中学数学】苦手な原因の多くは「正しく取り組めていないだけ」

数学の点数が悪く、解けない問題がたくさんあることで、数学に苦手意識を持つお子さまは多くいらっしゃいます。しかし、実は「本当に数学が苦手」というわけではなく、「正しく取り組めていないから問題が解けないだけ」である場合があります。では「正しく取り組めていない」とは、どういうことなのでしょうか。2つの特徴をご紹介いたします。

1.公式・ルールを覚えていない

数学が苦手と感じているお子さまは、そもそも公式やルールを覚えていない場合があります。

「公式・ルールを覚えていない」
 ↓
「問題が全く解けない」
 ↓
「苦手」

このようなケースが比較的多いです。

2.解答の丸写しをしている

「学生の頃、数学の解答を見ても理解ができなかった」というご経験がある保護者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。数学の問題集や参考書などに載っている解答は、いわば数学が得意な人が作成したもの。すぐに理解できないケースも少なくありません。

そのため、解答を理解せずに「写すだけ」というお子さまが多発しています。一見、学習しているように見えるため、学校の先生にも指摘されにくいのですが、解答を写すだけでは「問題集をやった」ということにはなりません。しかしお子さまは、「やっているのにできない」と勘違いをしてしまう可能性が大いにあります。

苦手を克服する正しい数学の勉強法、4つのステップ

自分は数学が苦手だという“勘違い”をしているお子さまは、正しい勉強さえ行えば、点数を伸ばすことができます。

正しい勉強法とは、以下の4ステップです。

ステップ1:公式・ルールを覚える

ステップ2:練習する

ステップ3:自分のできない箇所を正しく把握する

ステップ4:間違えた問題を解きなおす

それでは、各ステップの詳細をご説明いたします。

1.公式・ルールを覚える

まず、公式・ルールを覚えないことには何も始まりません。数学は他の科目に比べて、覚えるべき内容は少ないですが、『√a2 =|a|』のように覚えにくい公式が多いため「覚えよう」という意識が必要です。ノートに何度も書く、暗記カードを作るなどして公式・ルールは習った日に確実に覚えましょう。

2.練習する

公式・ルールは、暗記カードを作って覚えたからと言って、すぐに使いこなせるようなものではありません。例えば連立方程式の場合、加減法や代入法など、複数の公式が利用できるケースがあるので、「どの問題パターンでどの公式を使えば解きやすいか」を身につける必要があります。

覚えた公式やルールが使いこなせるように、しっかり練習しましょう。問題数をこなし、公式を頭に定着させることで、いろいろなパターンの問題に対応できるようになります。

3.自分のできない箇所を正しく把握する

間違えた問題は、『なぜ間違えたのか』を究明しましょう。間違えた理由がすぐに理解でき、解き直しで正解するようなら問題ないのですが、それ以外は注意が必要です。というのも、数学は、できない原因を「正確」に把握するのが難解な科目だからです。

例えば、連立方程式が苦手な場合

  • そもそもマイナスの計算が身についていない
  • 一次方程式を理解できていない
  • 単に演習が足りない

など、いくつもの可能性があります。

特に数学は「積み重ねの学問」と言われており、できない原因となる単元が小学生にさかのぼるケースもあります「授業をまじめに聞いていても理解できない」、「基礎問題なのに苦戦する」といった場合は、過去に原因がある可能性が高く、その単元まで戻って克服をすることが必要です。

もし、お子さまが教科書の問題でつまずいている場合は、プロに頼ることもご検討されてみてはいかがでしょうか。

4.間違えた問題を解きなおす

分からない箇所が理解できたと感じたところで、本当に理解ができたのか、問題を解き直してみましょう。先生に質問して「理解したつもりになっている」、解答を読んで「分かったつもりになっている」ケースも多々ありますので、必ず解き直しが必要です。テスト前までに教科書レベルの問題は完璧に解けるようにしましょう。

数学のテストで得点を伸ばすコツ

先ほど説明した正しい勉強法を行えば、ほとんどのお子さまは得点が伸びるはずですので、それにより苦手意識もなくなっていくでしょう。この項目では、さらに数学の得点を伸ばすために意識していただきたい2つのポイントに関してご説明いたします。

1.計算ミスをなくして失点を防ぐ

計算ミスで失点してしまうお子さまは多くいらっしゃいます。間違えた問題に対し「これは単なるミスで、解き方は分かっているから大丈夫」という考えでいるならば、はっきり言ってその意識の低さがミスの原因です。

小さなミスだから小さな失点というわけではありません。大問の最初でミスしてしまうと、その大問20点分まるまる落としてしまうこともあります。

計算ミスを防ぐには「体で覚えるまで問題を解く」または「問題を解く際に、ミスをしないよう意識を高める」の2つの方法がありますが、このうち、中学生におすすめするのは「意識を高める」です。「体で覚える」は、何年もかかるので、小学生であれば長期的な対策としておすすめできます。

では、「意識を高める」とは一体どうしたらいいのでしょうか?それには2つの方法があります。

  1. 自分の間違えやすい箇所を把握する
  2. 後から見直さない覚悟を持つ

1.自分の間違えやすい箇所を把握する

計算ミスをした際、一般的には正しい答えを赤で書くのが普通でしょう。ですが、答え合わせの目的は正しい答えを書くことではなく、「符合間違え」「繰り上がり忘れ」「2の3乗を6にした」など間違った理由を把握することにあります

単純な数字の計算ミスをしているのか、「+」と「-」の符合間違えが多いのか、自分がどこでミスしやすいのかを把握することで、間違えやすい問題に出会ったときに「ここは特に注意!」と意識を高められます。

2.後から見直さない覚悟を持つ

一度最後まで解いて、余った時間で見直しをしようと思うお子さまは多いでしょう。しかし「後で見直せばいいや」という意識の低さは、計算ミスの原因のひとつ。見直しの際に、ミスに気付けないケースも多いです。

焦って1分で解いて、後で30秒の見直しをするよりも、1分30秒かけてじっくり計算をするほうが正確に解けます。ゆっくり解くというよりは、計算一つひとつを解きながらその場で見直しをするというイメージです。

後で見直しをしないことに不安を感じる場合は、宿題や小テストなどから試してみてはいかがでしょうか。

2.難問に時間をかけすぎない

数学の点数を伸ばすには、難問に時間をかけすぎないことが大切です。というのも、参考書やテスト・入試には1~2割程度センスのある子しか解けない問題が存在するためです。

例えば、幼児向けの問題で、次の図から立方体の個数を求める問題があります。

難なく数えられる子もいれば、後ろに隠れている数がわからず苦戦する子もいるでしょう。この違いはセンスが影響する場合が多いです。

中学生向けの問題においても、こうしたセンスを問われる問題が出題されます。もちろん、センスがなくても難問を解くことは可能ですが、その訓練には非常に時間がかかります。

テストの点数を伸ばしたい場合は、難問に挑んで時間を費やすよりも、解ける問題を着実に解けるようにするほうが得点に繋がりやすいでしょう。

高校入試であれば、各科目の総合点で合否が決まるため、全体で何点取るかという意識も大事です。10~20点を求めて難問に挑むより、漢字や英語の単語を覚えて10~20点分稼ぐほうが効率的なこともあります。時間をかける箇所を間違えると、「取れるはずの点数」を取りこぼすことにもなりますので、テストの際はまず全体を見渡し、確実に解けそうな問題から手を付けることをおすすめします。

【保護者の方へ】成績を上げるための声掛け

最後に、お子さまの成績を上げるために、保護者の方にしていただきたいことをお伝えします。「数学が苦手」と思われているお子さまはもちろん、全ての教科に対して有効ですので、ご参考になれば幸いです。

成績を上げるためには、まず2つのポイントを抑える必要があります。

  • 子ども自身が、やる気になること
  • できない箇所をつぶすこと

この2つを実現するために保護者の方にしていただきたいのは、お子さまの一番の相談相手になること、つまり、お子さまが壁にぶつかったときに課題を共に把握し、やる気を与える役割です。

今回は、テストの成績がよくなかった場合を例に、相談相手として「NGな声掛け」と「理想の声掛け」をご紹介いたします。

相談相手として「NGな声掛け」

まず、相談相手として以下のような会話はNGです。

保護者:どうして、こんなひどい点数とったの?

子ども:ごめんなさい。

保護者:ちゃんと勉強したの?

子ども:したよ。(本当はあまりしてないけど、怒られるから…)

保護者:じゃあ次は、もっと勉強しなさい!

子ども:はい。(点数はひどいし怒られるし、最悪だ…とりあえず今日は寝よう)

我が子がひどい点数を取ると、ついつい怒ってしまいたくなるものです。しかし、子どもを圧迫し「本当のことを言えない」状況にするのは、「何が悪かったか」を振り返る機会や「次はがんばろう」という意欲も逃してしまいます。

お子さまにやる気を出してもらうためには、寄り添うことを意識されることをおすすめします。

相談相手として「理想の声掛け」

次に、「理想の声掛け」に関してご説明します。

やる気を出すには、本人が勉強の必要性を認識することが重要です。そのため、相談相手になる際には、お子さまの口から課題と解決策を言わせることを意識なさってみてください。以下のような会話の流れが理想です。

保護者:今回の数学のテストどうだった?

子ども:あんまり良くなかった…

保護者:確かに前回より順位が落ちているね。どこがいけなかったのかな?

子ども:面積を求める問題が全滅だったんだ。

保護者:どうして、そうなったのかな?

子ども:公式を間違って覚えていたみたい。

保護者:そうなんだ。じゃあ次はどうしよっか?

子ども:公式を覚えて、完璧に使いこなせるように問題をたくさん解こうと思う。

保護者:そっか。がんばってね!応援しているよ

中には「中学生の勉強は分からないから…」と勉強の中身に関してお子さまと話すことを避けられる方がいますが、保護者の方は相談相手になるだけで十分です。ぜひ、お子さま自身が「自分はここができないんだ」と口にできるサポートを意識なさってみてください。

まとめ

数学が苦手だと思われているお子さまは、実は「正しい勉強ができていないだけ」というケースも多いです。まずは、正しい勉強法を知り、コツコツと実践していきましょう。

正しい勉強法の中でも、「間違えたところの正確な把握」は非常に難しい作業です。もし、お子さまが教科書レベルの問題で行き詰りを感じている際は、早めにプロの力を頼られることをおすすめいたします。

若松塾では、教育のプロとして正社員の「専任教師体制」にこだわっております。楽しく分かりやすい授業と、分かるまでとことん教える無料補習などで、苦手だった数学が得意科目へと変わるお子さまが多くいらっしゃいます。

また、懇談や保護者会など、保護者の皆さまへのフォローも行っておりますので、兵庫県で学習塾をお考えの方はお気軽にお問い合わせください。

若松塾トップページはこちら