若松塾

マイページ

発問応答式授業

頭の回転と思考を
繰り返す授業。

論理的思考力を鍛え上げます。

発問応答式授業は、思考力・判断力・表現力をも鍛え、本物の学力を身につけさせる授業法です。学校の学習内容や評価方法が変わってもブレる事のない若松塾の授業の質を支えています。
決まり事を伝え、模範解答を教えるだけの知識の植えつけでは、子どもたちのものにはなりません。生徒が自分で考え、答え、また考え、また答える。手間も時間もかかりますが、その繰り返しによって、子どもたちの記憶にしっかり残る知識となります。またそれが、テストや入試のために詰め込まれた知識ではなく、実社会での活躍のために必要となる本質的な学力へとつながっていきます。

発問応答式授業とは?

「大勢に向けた言葉」より「自分一人に向けられた言葉」のほうが記憶に残ります。 発問応答式授業は一行的な講義形式ではなく、100人いれば1対100ではなく1対1が100人分となるような、生徒全員が参加できる授業をおこないます。

  1. 1導入

    「導入」で知的好奇心を引き出す。
    生徒の知的好奇心を刺激する授業の導入にこだわっています。生徒の興味を引き出し知的好奇心を高めると共に、集中できる雰囲気を作り出します。
  2. 2発問

    「発問」で生徒に深く考えさせる。
    「まずどうする?」「その理由は?」「それで何がわかる?」と、〇か×ではなく”自分の考えがないと答えられない” ”人の発言も聞いていないと分からない”発問を続ける事で授業に集中し、頭の回転と思考を繰り返します。
  3. 3応答

    「応答」で生徒の考えを引き出す。
    教師からの発問に応答することで「思考力」「判断力」や、自分の考えを相手に伝わるように発表する「表現力」など、様々な力が培われます。
  4. 4再発問

    「再発問」で、さらに深い理解へ。
    いつも正解にたどり着けるとは限りません。そんな時も、まわりの話に耳を傾け、「1を聞いて10を知る」ことで、深い理解へとつなげていきます。

発問応答式授業のメリット

時には雑談を交えるなどして集中力の緩急をつけ、「授業があっという間」「勉強が理解できる」「わかるから楽しい」という授業を展開します。
このような授業が展開できるのは、教師の技量が不可決です。ぜひ若松塾の専任教師についてもご覧ください。

専任教師体制へ

若松塾とは

お気軽にお問い合わせ・お申し込みください。

その他のお問い合わせ

お近くの教室へお気軽にお電話ください。
※受付時間:13時~22時(日祝除く)

教室一覧へ