若松塾

マイページ

小学部

中学の基礎を
小学生から
築き上げる。

未来に大きな可能性を秘めた小学生だからこそ、各学年のどのクラスにおいても単なる知識の詰め込みではなく、考え方のプロセスを大切にした指導法を取り入れています。また、私立中学への進学希望にも、総合進学塾ならではの幅広い対応力で応えます。自然科学体験合宿など、教室を飛び出しての楽しいイベントも企画。学習だけにとどまらず、心の発育にも力を注ぎます。「よく学びよく遊べ」、若松塾の伝統がここにあります。

開講コース

特進コース

小2
2科目特進コース
小3
2科目特進コース
小4
3科目特進コース
小5・小6
5科目総合特進コース
3科目特進コース

理社コース

小5・小6
理社コース

オプション

小5・小6
イングリッシュ・ラボ
  • ※校舎によって、開講学年・コースは異なります
  • ※イングリッシュ・ラボのみの受講も可能です

指導科目

5科目総合特進コース
国語・算数・英語・理科・社会
3科目特進コース
国語・算数・英語
2科目特進コース
国語・算数
  • ※英語は国語の授業内で行いますが、小5・小6はオプションとして週に1回の「イングリッシュ・ラボ」を開講いたします(一部校舎)

指導方針

国語

「論理力」+「知識」を鍛えます。

国語の力を伸ばすために必要なのは、論理力と知識を身につけることです。若松塾では、論理力を育成する教材や、長文読解教材、知識を増やす教材などを駆使して、国語の力を伸ばします。

POINT!

論理力を鍛える
「論理エンジンキッズ」

予備校界の一流講師「出口汪先生」が生み出した最高峰の教材を若松塾はいち早くカリキュラムに組み込みました。将来の入試で必要となる「読む・考える・理解する・表現する」論理力をスモールステップで着実に身につけます。

POINT!

知識を鍛える
「言葉をふやそう・漢字のまとめ」

知識は、若松塾のオリジナル教材で増強します。用法や対義語、外来語などもあわせて学ぶことで、実用的な語彙を身につけます。

POINT!

読書指導
「読書倶楽部わかまつ」

読書は人を育て、学習の基礎を作ります。若松塾では「読書倶楽部わかまつ」として、子どもたちに良書を与え、読書習慣を定着するとともに学習の土台となる読書力の養成に努めています。

  • ※希望者のみのクラブ活動ではなく、国語の時間に全員を対象として行う取り組みです
  1. 01読解力
    国語はもちろん、どんな科目であっても、問題を解くには問題を読み解く力=読解力が欠かせません。限られた時間で多くの問題に答えなければならない試験では、読解力の差が成績に大きく影響します。
  2. 02思考力
    物語を読んでストーリーを理解したり、登場人物や作者の心情を自分なりに考えるなかで、思考力が養われます。自ら考え答えを導き出す力は、試験や勉強だけではなく、生きていくうえでも欠かせない大切な力です。
  3. 03想像力
    ひとつのシーンを説明する一文から、頭のなかで画を想像してみる。欲しい情報がすぐ手に入る今の時代こそ、このように自分で想像し、自分なりの世界を描くということが、子どもたちの心の成長につながります。
  4. 04会話力
    読書の習慣が身についた子どもは、自分の知らない世界への興味を強く持つようになります。知識欲は行動へとつながり、子どもたちの世界をどんどん広げるとともに、コミュニケーション能力を豊かにします。
  5. 05人間力
    何かの物語を読んでいると、それまで自分になかった価値観や考え方に出会うことがあります。人それぞれに考えがあることを知り、新たに自分の価値観とする。あるいはその違いを認めることで、人間的に大きく成長できます。
記録することで、「読む・書く・考える」力を育てます。

本を読んだ後に一言感想を書き記す読書カードは、ふと思ったことや心の変化など、感じたことを気軽に書き続けることで本(文章)に慣れ、無理なく読む力・書く力を身につけるほか、作品のテーマをさらに深く理解し考察していく「考える力」も育てます。さらに「minebook(マインブック)」にファイリングすることで、心のアルバムも積み重なっていきます。

指導方針

英語

本当に強い英語力を身につけます。

英語を伸ばすために必要なのは、中学以降に本当に役立つ英語の「下地」をしっかり作っておくことです。若松塾では、国語の時間を利用したモジュール授業形式で英語の授業を実施し、基礎的な文法や、英単語のスペルと発音を正しく身につけます。また、小6生にはALTによるネイティブ英語レッスンも行い、親しみながら英語の響きになれることができます。

  • ※普段の英語は国語の授業内で行います。
POINT!

中学入学までに
500単語をマスター!

中学入学までに500単語マスターを目指し、中学校入学後の英語学習をスムーズにします。
小4:英語に慣れる事を目的とした、会話表現中心の単語学習
小5:教科書の改訂に伴う新出単語を中心とした単語学習
小6:教科書の改訂に伴う新出単語を中心とした単語学習に加え、小5で既習の単語も学習

正しく聞き取る力や、
英語への積極性を養成します。

外国人教師による楽しい授業で、ネイティブの発音・表現に慣れ親しみながら、英語への好奇心や向上心を刺激し、英語学習への積極性を育みます(6年生対象)。日本人の専任教師による授業においても、ネイティブスピーカーにより収録された独自の映像教材やリスニング教材などを活用し、英語を正しく聞き取る力を養います。

POINT!

英語をさらに伸ばす
「イングリッシュ・ラボ」

現在小学校では小5・小6を対象に、英語に親しむことに重点をおいた「外国語活動」が行われていますが、2020年からは「教科」に変わります。また、中学校での英語の授業は「英語で授業を行うことが前提」となりますので、お子さんの学校外での学習状況により、差が大きく生まれることが予想されます。さらに、すでに多くの高校・大学において、入学試験での英検取得者が優遇されています。

教科学習と英検対策が可能

若松塾ではすでに国語の授業内を利用して英語の授業を行っておりますが、それに加え、2019年度より英語のオプション講座「イングリッシュ・ラボ」を開講!週1回、専任教師による「教科学習」に加え、若松塾すららを使用した英検対策も行います。

若松塾すららはキャラクターが先生となって、パソコンで楽しく学習ができる次世代型学習教室です。文法をしっかり効率的に学ぶだけではなく、ネイティブ発音によるリスニング力や英作文力もバランスよく身につけることができます。
  • ※一部の校舎にて実施します。開講校はこちら
  • ※イングリッシュ・ラボのみの受講も可能です(入塾金・諸費は不要です)
  • ※各校舎、先着順の受付となりますので、お申し込み時には満席となっている場合はご容赦ください。

指導方針

算数

「思考力」+「計算力」を養います。

算数の力を伸ばすために必要なのは、自分で考え、自分の力で理解することです。若松塾の授業や教材は、「考える」→「気づく」→「わかる」→「自分のものにする」という流れを大切にしています。

POINT!

中学数学に強くなる
カリキュラム

小学校の算数で習う内容は、すべて中学校の数学につながっています。だからこそ、教科書内容より一歩踏み込んで「なぜそうなるのか」まで教えます。若松塾の授業・教材で身につけた数学的思考力は、中学進学後の大きな力になります。

POINT!

初めて見る問題でも
自分で解ける力が身につくオリジナル教材

算数の教材は、基礎的な内容を理解した後、発展した内容に取り組む構成となっています。初めて見る問題でも、生徒自身でその問題のポイントに気付き解決させることが大切です。まず〔例題〕を用いてどこに目をつけて解き進めていくかを考えさせます。さらに、類題や応用問題などを演習することで学習内容を定着させていきます。

指導方針

理科・社会

「結びつけ」+「紐づけ」で理解します。

理科・社会を伸ばすために必要なのは、理由と結びつけたり、知識を紐づけたりして、理解することです。若松塾では、そうした学習法で中学進学前に基礎を固めることにより、中学の定期テストにおける大きなリードを目指します。

POINT!

結びつけ、紐づけ、
で深める理解

理科では、単なる丸覚えではなく、仕組みや理由と結びつけて深く理解します。
また歴史では、中学の内容も含めた年表をもとに、さまざまな知識を紐づけて学習します。

POINT!

小学部でも理科・社会を
大切にしています

理科・社会に対して「暗記科目だから短期間で追い込める」「中学生になってから頑張れば大丈夫」とお考えではありませんか?小学校の段階で基本となる知識をしっかりと持てるかどうかが、科目に対する興味・好き嫌いの差になります。ひいてはその差が将来の高校入試や大学入試を左右することになりかねません。

だから若松塾では、理科・社会も大事にしています! 小学部であっても、必要であれば中学生で習うような範囲まで踏み込むこともありますので、中学生になってから学校の定期テストで広い範囲が出されても苦になりません。さらに以下のようなイベントも企画しています。

自然科学体験合宿

小6の秋には、自然科学体験合宿を実施。友だちと協力しながら、普段テレビで見るような楽しい実験に取り組みます。マイナス200℃の世界を体験する液体窒素の実験や、生き物の体の仕組みを学ぶ鶏の解剖など、毎年さまざまな実験に挑戦。自らの目で見て体験することで、理科への興味を引き出し学習意欲を高めます。

  • ※希望者対象
理社暗記コンクール

年に2回、小4~小6を対象に理社暗記コンクールを実施。事前に配布する暗記プリントを家庭学習し、暗記テストに臨みます。楽しみながら友だちと暗記を競い合い、中学での学習にもつながる理社の基礎知識を身につけます。生徒のやる気を引き出すために、成績優秀者への表彰も行っています。

効果的な小テスト

やりっぱなしにせず、理解度を確認、定着させます

授業をやりっぱなしで終わりません。頻繁に行う小テストで、しっかりと理解度を確認し、不合格の場合は再テスト、理解不足の場合は補習を行うなど、一人ひとりに対応することで、学力を定着させます。

塾内テスト/外部模試

通知表ではわからない学力のものさしを。

小学生から定期テストや模試を実施し、試験に向けての勉強習慣や、試験に臨む姿勢を身につけます。 定期テストでは、神戸・明石・加古川に校舎を展開しているスケールメリットを活用し、若松塾全校の中での相対的な成績が把握できるようになっています。外部模試は小2・小3は年1回、小4~小6は年2回実施し、より広い角度からの成績分析も可能となります。 なお、気になることがあれば、定期的に実施する個別懇談のほか、お電話でも随時ご相談を受け付けています。

塾内テストの首席者は各校舎に大型の「成績首席者ポスター」が掲示されたり、機関紙「若松塾ニュース」に成績優秀者一覧が載ったりと、やる気向上にもつながっています。

塾ニュース

保護者・生徒への情報提供とやる気向上アイテム

定期的に発行される「若松塾ニュース」。保護者の方に若松塾の取り組みや生徒の皆さんの頑張りをご報告するとともに、各イベント特集、勉強方法のアドバイス、卒業生の活躍などが載せられた紙面は、子どもたちのやる気や学習姿勢にも影響を与えています。

検定・試験対策

検定受験をサポートしています。

若松塾は英検・漢検・数検などの公認会場(準会場)として認定されています。特に漢検は毎年1000~2000人が若松塾会場で受検されており、合格率も高く、2万ほどの中から30団体しか選ばれない「優秀団体賞」を10年連続で受賞。過去には最優秀団体賞も受賞しています。 また、英検対策コースや漢検対策特訓など、検定受験のサポートを行っています。

英検対策コース ジュクモン!漢検対策特訓

小学部 / 開講校舎

2019年度開講校舎です。
校舎によって、開講学年が異なります。

小2のみ
鈴蘭台校
小2~小6
板宿第二校 / 名谷校
小3~小6
垂水校 / 舞子校 / 学園校 / 西神中央校 / 西神南校 / 伊川谷校 / 西鈴校 / 北鈴校 / 北神校 / 岡本校 / 大久保校
小4~小6
六甲道校 / 東加古川校 / 加古川校
小5~小6
土山校
イングリッシュ・ラボ開催校

板宿第二校 / 名谷校 / 舞子校 / 学園校 / 西神中央校 / 鈴蘭台校 /
大久保校 / 東加古川校 / 加古川校

  • ※イングリッシュ・ラボは小5・小6が対象です。板宿第二校は小6のみ、大久保校は小3~小6となります。
  • ※イングリッシュ・ラボのみを受講される場合は入塾金は不要です。ご希望の校舎までお電話にてお申し込みください。

お気軽にお問い合わせ・お申し込みください。

その他のお問い合わせ

お近くの教室へお気軽にお電話ください。
※受付時間:13時~22時(日祝除く)

教室一覧へ