勉強嫌いから勉強好きになる!

【中学生】勉強嫌いになる4つの原因と勉強を楽しくする方法を紹介!

中学生の保護者の中には、「勉強の話をすると嫌がられる」「テスト前なのに、全く勉強をする様子がない」など、子どもの勉強嫌いに悩んでいる方もいるのではないでしょうか。 この記事では、中学生が勉強を嫌いになる原因や、勉強に取り掛かりやすくする方法、勉強を好きになる方法を紹介しています。保護者の関わり方も説明していますので、ぜひご参考になさってください。

この記事は約11分で読み終わります。

中学生が勉強嫌いになる原因4つ

勉強が嫌いな中学生

子どもの勉強嫌いで悩んでいる保護者の中には「小学校の頃は、ここまで勉強が嫌いじゃなかったのに…」と感じている方も多いのではないでしょうか。

この項目では、中学生が勉強嫌いになる4つの主な原因を説明していきます。

原因1.授業についていけなくなる

中学生になると、授業のスピードがアップし、次から次へと難易度の高い内容を学んでいきます。勉強は積み重ねなので、ひとつ分からないところを放っておくと、雪だるま式に分からない箇所が増えていき、授業の内容自体が理解できなくなるでしょう。

子どもにとって、ついていけない授業は苦痛そのものです。それが朝から何時間も続くとなると、勉強嫌いになるのも無理はありません。

原因2.勉強のやり方が分からない

中学校に入ると中間テストや期末テストといった定期テストが行われるようになります。範囲が狭く簡単だった小学校のテストと比べ、範囲が広くなり難易度もアップします。

そのため、中学生になると「計画を立てて勉強する」「暗記カードを使って繰り返し覚える」など、小学校とは勉強法を変える必要がある場合が多いです。

勉強のやり方がつかめないままだと、テスト前日に大慌てをしたり、悪い結果につながったりする可能性は高いです。正しい取り組み方で勉強しない限り、以下のような悪循環になります。

勉強が嫌いになる悪循環

この悪循環を繰り返すうちに、どんどん勉強が嫌いになっていく可能性があります。

原因3.テストで点数が取れなくなる

小学校のテストは「最低限の確認」という位置付けで、論理的思考力や応用力を試す問題はほとんど出ません。そのため、比較的みんな良い点数を取ることができます

一方、中学校に入るとテスト自体が難しくなり、順位も明確につけられます。小学校のテストでは満点近く取っていた子でも、中学校のテストでは平均点に届かず下位の成績というケースもあるでしょう。

これまで「得意」と思っていた勉強が「できない」と突きつけられるのは子どもにとって大きなショックです。加えて、保護者から「もっと勉強しなさい」と言われると負担に感じるかもしれません。

「点数は悪いし、親からはガミガミ言われるし…」となると、「勉強なんて嫌い」という気持ちも生まれやすくなるでしょう。

原因4.肉体的にも精神的にも余力がない

中学生になると部活が始まります。朝から授業をいくつも受けた後に、さらに部活をする訳ですから、家に帰った時点でヘトヘトの子が多いと思います。加えて、中学生は思春期という多感な時期です。友人や部活の先輩・後輩などの人間関係に疲れている場合もあるでしょう。

肉体的にも精神的にもヘトヘトな中、「やらなければいけないこと」として伸し掛かる勉強に嫌気がさす可能性があります。

勉強嫌いの中学生が、勉強をする方法

勉強嫌いから勉強するようになるまで

いくら勉強が嫌いだといっても、中学生にとって勉強は本業です。避けて通ることはできません。この項目では、勉強嫌いの中学生でも、勉強に取り掛かりやすくする方法を紹介します。方法は以下の5つです。

  1. 環境を整える。
  2. ご褒美を準備する。
  3. 得意科目から始める。
  4. 勉強を習慣化する。
  5. やるべきことをリストアップする。

それぞれに関して詳しく説明していきます。

1.環境を整える

部屋が散らかっていたり、周りできょうだいが騒いでいたりと、勉強の環境が整っていない場合、勉強前に「片づける」「きょうだいに静かにしてもらう」などワンアクションが必要になるため、勉強へのハードルが上がります。

勉強が嫌いな子こそ、勉強環境を整えましょう。環境が整うことで、勉強へ意識が向かいやすくなります。具体的には、専用の勉強部屋(スペース)を設け、勉強道具以外が視界に入らないようにすることが重要です。家で環境が整わない場合は、図書館や塾の自習室を利用するのもおすすめです。

2.ご褒美を準備する

勉強嫌いな子には、「今日はよく勉強していたから、夕食に好物を準備する」「全問正解ならスマホを触っていい」など、ご褒美も効果的です。

「ご褒美目当てで勉強させていいの?」と思う保護者もいるかもしれませんが、勉強嫌いの子は、「勉強を始めること」が最も難しいミッションです

勉強を始めることで、やる気が生まれるケースも多いので、「ご褒美を使用してでも、とりあえず勉強を始めてもらうこと」をまずは目指しましょう。「ご褒美がなくても、自発的に勉強する」のは次の段階です。

3.得意科目から始める

勉強に取り掛かるためには、順番も大事です。勉強をする際は、やる気の出やすい得意科目から始めるようにしましょう。苦手科目は、『得意→苦手→得意』と、得意科目の間に挟む方が、やる気が持続しやすいのでおすすめです。

4.勉強を習慣化する

「勉強なんかしたくない」と言う中学生でも、「勉強はしなければいけないもの」と心の奥底では思っているはずです。夜寝る前の30分を暗記タイムにするなど、勉強するタイミングと時間について子どもと話し合って、毎日机に着く習慣をつくりましょう。習慣化することで、勉強を始めるハードルがぐっと下がります。

初めは5分、10分でも構いません。日々のルーティンに組み込むことが重要です。慣れてきたら徐々に時間を伸ばすようにしましょう。

うまく勉強習慣が定着しない場合は、「強制的に勉強する時間」が確保される塾に通うのもおすすめです。

5.やるべきことをリストアップする

範囲の広い定期テストなどの場合、「あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ」と気持ちばかり焦ってしまい、結果「もういいや」となってしまうケースもあるでしょう。
勉強嫌いの子は、まず、「テスト範囲の公式を覚え直す」「問題集〇ページ~〇ページを解く」など、やるべきことをリストアップして「見える化」することが大切です。「見える化」することで、何を、どのくらいやればいいかが見え、勉強に取り掛かりやすくなります。

中学生を勉強好きに導く3つの方法

勉強が好きになる3つの方法

先ほどは、勉強嫌いの子が勉強に取り掛かりやすくする方法を説明しましたが、それは短期的な作戦です。やはり「勉強嫌い」から「勉強好き」に変わることが最終目標でしょう。この項目では、中学生を勉強好きに導く3つの方法を紹介していきます。

勉強する意味を見つける

勉強する意味を見つけることで、勉強が好きになるケースは多々あります。そのために大事なのが「目標」です。

勉強が嫌いな子でも、「将来はどうなりたいか」という目標はあるでしょう。「体を動かす仕事がしたい」というぼんやりした目標でも、「ゲームのシナリオライターになりたい」という明確な目標でも、どちらでも大丈夫です。

その目標に近づける方法を調べてください。「体を動かす仕事には、体育の教師とかジムのトレーナーとかがあるんだ」や「有名なゲームのシナリオライターは、●●大学の人が多いな」など、ワクワクしながら調べることで、勉強をする意味の発見につながっていきます。

将来に限らず、自分の周りにある高校に関して調べるのも効果的です。「●●高校は、サッカー部が強いから行きたいな」「●●高校は英語に力を入れていて楽しそうだな」など、自分が行きたい高校を見つけることで、勉強をやる意味が明確になり、勉強に前向きになります。

切磋琢磨できるライバルを見つける

勉強は自分との戦いですが、「他人との競争」という一面もあります。競争を楽しめるような、いいライバルを見つけることで勉強が好きになるでしょう。相手に勝つために勉強に励むことができたり、ライバルが勉強に集中して取り組んでいる姿に刺激されたりするのは、いいライバルの証拠です。

いいライバルを見つけるには、学力別にクラスが分かれている塾へ通うのを検討してみるといいでしょう。学力レベルが同程度か少し上のライバルに出会えると、抜きつ抜かれつのいい競争が生まれます。また、「勉強をしなければいけない場所」で出会った友人は、勉強の話題や相談がしやすく、勉強面でいいライバルになるケースが多いです。

勉強をしていないことを競う「やっていない自慢」のライバルに出会ってしまうと、お互い足を引っ張り合い、どんどん悪い方向へ進んでしまいます。保護者は子どもの交友関係をなんとなくでも把握するようにしておきましょう。

結果を得る

勉強した分だけ結果が出る。これがきっかけで勉強が好きになる子は非常に多いです。自分が努力した分だけ成績が伸びれば、どんどん勉強が楽しくなります。

そのためには、スモールステップが重要です。「小テストで満点を取る」「英単語のテストで満点を取る」など、比較的、成果の出やすいものから挑戦していくといいでしょう。

勉強嫌いの中学生への接し方

勉強嫌いな中学生への接し方

反抗期を迎える子も多い中学生。保護者の中には「反抗期と勉強嫌いのダブルパンチ」に途方に暮れている方もいるのではないでしょうか。最後に、勉強嫌いの中学生に対して、保護者のNGな接し方とおすすめの接し方を説明していきます。

勉強嫌いの中学生へのNGな接し方

勉強が嫌いな中学生にとって、「勉強しなさい」や「ひどい点数取ったね」など責めるような態度や発言はNGです。子どもは、好きで「勉強嫌い」になっているのではなく、何かに挫折した結果、勉強が嫌いになっているのです。

勉強嫌いの中学生へおすすめの接し方

おすすめの接し方は、子どもに「あなたの味方だよ」と伝えることです。「勉強が嫌い」は子どもにとっても大きな悩み。そんな中、保護者から「味方だよ」と言われたら大きなパワーになるでしょう。子どもに「味方」と伝える方法は以下の4つです。

  1. 子どもを信頼する。
  2. 子どもを褒める。
  3. 高校受験に関して調べる。
  4. 第三者に任せる。

それぞれに関してポイントを説明していきます。

1.子どもを信頼する

宿題があるはずなのに、いつまでもリビングのソファーでゴロゴロとスマホをいじっている。

子どものこのようなシーンに出くわしたら「いい加減に宿題しなさい!」と言ってしまいたくなる保護者も多いと思います。

親から見ると、ただゴロゴロとスマホをいじっているように見えても、子どもの中では、「あと10分したら始めよう」と決めていたり、友達とけんかしてどうしても机に向かえなかったりするのかもしれません。

保護者は、子どもを信頼して見守ることが大切です。信頼されることで、「自分のペースを分かってくれた」「気持ちを察してくれた」と子どもの気持ちも少しずつプラスに変わっていくでしょう。

声をかける場合は、「勉強は何時からやる予定?」や「今日は19時から夕飯の予定だから、それまでに宿題を終わらせてくれたら助かるな」など、子どもが自ら勉強するつもりであることを前提とした声かけをすることで、信頼を伝えられます。

2.目標に関して話し合う

将来や進路に関して、子どもが一番話を聞いて欲しいのは保護者です。将来の夢や行きたい高校など、子どもの「目標」に関して話し合うことをおすすめします。

その際に大切なのは、保護者が、子どもの夢や高校受験の情報を事前に収集しておくことです。保護者が自分の目標に関して興味を持ってくれているという事実は、子どもにとって味方だと感じるうれしいことです。モチベーションアップにもつながります。

高校受験の情報は、インターネットで調べることもできますが、塾に通っているのであれば、保護者説明会などでより信頼性のある受験情報を得ることができるでしょう。兵庫県の高校受験情報であれば、以下の記事もご参考になさってください。

【高校受験】兵庫県は内申点が重要。上げるポイントも紹介

3.褒める・励ます

反抗期といっても、親から褒められてうれしくない子はいません。子どものがんばりはしっかりと褒めるようにしましょう。その際は、「結果」ではなく「過程」を取り上げることを意識するといいでしょう。

また、子どもが悪い点数を取って落ち込んでいる時は、「あなたなら大丈夫」と励ますことも大切です。その際には、「毎日コツコツ勉強に取り組めているから、次は大丈夫」「今回でできないところが発見できたから、次は大丈夫」と具体的な根拠を加えてあげると効果的です。

4.第三者に任せる

反抗期は、親の意見には逆らうけれど、第三者の意見はすんなり聞くというケースが多いです。子どもと対立しがちな勉強の件は、学校や塾の教師に任せることで、うまくいく場合もあるでしょう。

任せると言っても、「塾に通わせて、後はノータッチ」ではいけません。子どもの様子をしっかりと見守ること、「子どもが全然勉強をしないんですが、どうすればいいですか?」など、困りごとが発生したらまめに相談することの2つは必ず行いましょう。

「親は口出しはしないけれども、きちんと見てくれているんだ」といった安心感を子どもが抱ける接し方が好ましいです。

まとめ

中学生の保護者の中には、子どもの勉強嫌いで悩んでいる方もいると思います。「勉強を好き」にすることは、一朝一夕ではできないので、まず「勉強を始めさせること」から取り組んでいきましょう。

反抗期とも重なる場合が多いので、接し方にも注意が必要です。責めるような言葉はできるだけ胸の内にしまい、「あなたの味方だよ」と伝える接し方を心掛けましょう。

若松塾では、正社員による「専任教師」体制にこだわっています。一人ひとりの「勉強嫌いの原因」をプロの目で見極め、お子さまの学習をサポートしていきます。兵庫県で学習塾をお探しの方はお気軽にお問い合わせください。

若松塾はこちら