2015年6月

東進衛星予備校の一流講師が登場!

2015/06/26


今、若松塾高等部では、
東進衛星予備校の一流講師を招いて「特別公開授業」を実施しています。

24日に実施された渡辺先生の公開授業、
25日に実施された河合先生の公開授業は、
ともに満員御礼で、会場は熱気に包まれました!

授業がわかりやすいのは当たり前。
参加したことによって、学習への意欲が増した生徒が多数!
そこが一流講師たる所以です。


それでは、参加者の声をいくつかご紹介します!

渡辺先生の話を聞いて、
高い目標を持って努力しようと思いました!
今まで勉強を後まわしにしていることがあったのですが、
「今からやり始めないとだめだ」という気持ちになりました!
今まですぐあきらめるクセがついてたけど、今日から変わります。
難関大目指すという気になりました!

次の特別公開授業は、7月16日。
須磨パティオに現代文の宗先生が、三宮に古文の栗原先生がやってきます!

参加費無料、定員まで先着順に申込受付中です。
ぜひ、この公開授業に参加して、"自分が変わる"体験をしてください!


■特別公開授業の詳細はこちらへ
■若松塾高等部・東進衛星予備校はこちらへ


一問一答理社1000題!

2015/06/19


六波羅探題、脊椎動物、乱反射、エコツーリズム。

ん?聞いたことがあるような、ないような...。
という中3生のキミには、
「一問一答理社1000題」をおすすめします!

中3の夏休みは、受験の天王山。
この夏の過ごし方が、受験校選定に大きく影響します。

夏休みに入ってからは、
重要単元の確認や苦手単元の克服、
そして演習に時間を費やしたいところ。

後回しにしがちな暗記分野を夏休みまでに攻略しておくことで、
以降の受験勉強を有利に進めることができます。

この「一問一答理社1000題」は、
申込時に理科と社会の重要語句を集めた教材を進呈します。
掲載されているのは、入試によく出る問題ばかり。

その教材を使って自宅学習を続け、
7月上旬に若松塾各校にて暗記力を試すテストを実施。
独特の緊張感の中で臨むテストも、
きっと受験へのプラス体験になるはず!

暗記を制する者は、受験の夏を制す。

ぜひ友だちを誘って、参加してください!
仲間と競い合いながら、暗記分野を攻略しよう!


※昨年の暗記テストの様子


■一問一答理社1000題についてはこちらへ
■若松塾トップページはこちらへ


慣れること

2015/06/11


今日は、学園校・岸本先生のコラムをご紹介します。
-------------------------------------------------------------------------------

新しい学年になって、2ヶ月が経過しました。
もう、新しい生活には慣れましたか?

慣れには2種類あります。
いい意味での慣れることと、よくない意味での慣れることです。

前向きにがんばれることが普通になってくる。
計画を立てて宿題ができるようになり、
遊ぶことも大切にしながらも勉強の時間を確保できるようになる。
授業中にわかることが増え、楽しくなってくる。
これらは、いい意味での慣れです。

だいたいペースがわかってきたから、これぐらいで大丈夫だろう。
こんなふうにしておけば、宿題は出せるから大丈夫だろう。
ここは大変だから、少しでも楽ができるように手を抜いてみよう。
これらは、悪い意味での慣れです。

慣れたことで、
前向きにもっとがんばってやろうという気持ちが芽生えることがあります。
慣れたことで、
ただ楽をしようという意味で要領のよさだけが身についていくこともあります。


みなさんは、どちらの慣れでありたいですか?
もちろん前者ですよね。
みなさんが何事にもあきらめることなく取り組めるよう、
私たち教師が全力でサポートします!


■若松塾トップページはこちら


ページの先頭へ
若松塾トップへ