木元 裕貴|社員メッセージ|若松塾

ENTRY

木元 裕貴

Yuki
Kimoto

個別指導教室

木元 裕貴

2019年入社 / 教室長

My Policy

自分の行動が若松塾のポリシーに
即しているかを常に考え
自分だけの価値観で判断しないこと。

  • なぜこの職業に?

    自身がお世話になった
    先生に憧れて。

    私は、中学や高校でお世話になった教師に憧れて教員を目指しました。中学では学習塾にも通い、そこの先生方にもたくさんお世話になりました。その中で自分が憧れた先生方は、どの人も1度企業での勤務を経験されたことのある方ばかりでした。偶然かもしれませんが、その経験から教育に携わることのできる企業に就職したいと思い、学習塾への就職を志すようになりました。

  • なぜ若松塾に?

    生徒の多様性に
    応えられる塾だから。

    以前に勤務していた会社の同僚から紹介されて若松塾を知りました。その方からいろいろ話を聞いていく中で、生徒一人一人の通塾期間が長いことを知りました。小学部・中学部の集団指導。小学生から高校生まで通塾できる個別指導。また大学受験専門の高等部。様々な学年の生徒が、様々な用途で通塾できる若松塾で勤務したいと思い入社を決意しました。

  • 心がけていること

    講師指導をしっかりとして、
    教室全体の質を高めること。

    個別指導では、基本的に大学生講師が授業を実施します。そのため、講師の働きやすい環境を作り、さらには講師をしっかり指導することを心がけています。生徒ももちろんですが、全生徒の授業を自分一人で実施することは不可能です。そのため講師が質の高い授業ができるようになることが、個別指導では大切だと考えています。

  • 印象的な出来事

    集団指導や高等部など
    他部門と連携できたこと。

    入社して1年が経ちますが、行事ごとは全て印象に残っています。卒業式や春の野外フェスなどの行事は、普通の学習塾ではなかなか体験できないことばかりでした。また、併設校で勤務できたことも印象深いです。私が最初に勤務した校舎には若松塾の集団・個別指導・東進衛星予備校の三つが一つの建物に入っていました。そのため、他の業務を行っている人とも連携を取る必要があるのは若松塾で勤務していたから体験できたことだと思っています。それぞれ違う部門ですが、同じ会社なので相談にも乗ってくださり、とても協力的だったことが印象に残っています。

  • やりがい

    長期的に生徒の成長を
    見守ることができること。

    志望校に合格した生徒と、その後も関わることができているのが喜びです。例えば、大学受験で志望校に合格した生徒が、そのまま講師として若松塾に来てくれています。また高校受験で志望校に合格した生徒も、高等部や個別指導に通塾し、顔を合わせることがあります。このように一人一人の生徒の成長を長く見ることができるのがやりがいになっています。

  • 職場の風土

    風通しが良く
    困った時は助け合っています。

    個別指導の部門は、比較的風通しの良い職場だと思います。一人一人が違う校舎で勤務していますが、困ったことがあれば気軽に電話で相談できます。また職員の年齢も幅広い印象です。会議で集まるのも月に一度で、強制的な飲み会などもありません。教室で働く講師も若松塾出身の大学生が多いため、あいさつなどをしっかりできる人が多いです。

One Day Schedule一日のスケジュール

13:00

出社・教室清掃

生徒が来るまでに教室をきれいにしています。

14:00

集計チェック

教室の売り上げなどを毎日欠かさずチェック。全個別職員が行っています。

16:30

講師の出勤

講師が授業の準備のために出勤してきます。必要な連絡や指示を行います。

17:00

授業開始

生徒の対応や、電話連絡の対応。

22:00

退社

  • ワークライフバランス

    休日出勤もほとんどなく
    旅行など計画も立てやすい。

    出勤時間が遅いので、仕事前に予定を入れることが多いです。自分の場合は電車での通勤時間が1時間以上かかるので、途中の駅でその予定を済ませることが多くなりました。また教室の閉校日は前もって決まっているので、それに合わせて旅行なども計画を立てるようにしています。急に休日出勤が入ることは基本的にありませんので助かっています。

  • 求職者へのメッセージ

    驚くほど真っすぐに、
    生徒のために一生懸命。
    そんな職員がたくさんいます。

    若松塾を、他の塾と見比べてほしいと思います。他の塾とは違った雰囲気や風土があります。教育という業界に対して不安のある方もいるかもしれません。それでも教育に携わる仕事に就きたい方は、一度見に来てください。こんなに生徒のために一生懸命になれる職員がたくさんいるのだと驚くと思います。ストレスを感じることもあるかもしれませんが、生徒や保護者から感謝もされる仕事なのでやりがいや達成感はあると思います。生徒や保護者のために一緒に頑張りましょう。