中原 夏実|社員メッセージ|若松塾

ENTRY

中原 夏実

Natsumi
Nakahara

個別指導教室

中原 夏実

2019年入社 / 教室長

My Policy

生徒一人ひとりと向き合い、
楽しく勉強できる環境をつくること。

  • なぜこの職業に?

    生徒の楽しそうな姿、
    喜ぶ顔に出会いたいから。

    大学4回生の頃に地域の子どもたちが集まる場にボランティアとして参加したことがきっかけです。地域の方や他の大学生と一緒に自主学習のフォローや学校の宿題を教え、子どもたちと接する楽しさを実感しました。問題を解くことができたときの嬉しそうな顔、その場所に来ることを楽しみにしている顔を見ることにやりがいを感じました。学習塾や個別指導であれば、一人ひとりに合わせた学習指導ができ、生徒の喜ぶ顔を見て仕事ができるだろうなと思い、この道を選びました。

  • なぜ若松塾に?

    人間教育も考えている
    ところに魅力を感じて。

    若松塾は小学生の頃から聞いたことはありましたが、関わることがなく、どんな塾なのか興味がありました。少し固いイメージがあったのですが、職員も本部の方も温かい方ばかりでした。また、勉強だけでなく、人間教育も考えているところに魅力を感じました。

  • 心がけていること

    勉強するだけではない、
    楽しく学べる環境づくり。

    楽しい雰囲気の教室をつくることです。もちろん塾は勉強をする場所ですが、楽しさも必要だと思っています。授業以外や自習の際に、生徒へ積極的に話しかけ、生徒の悩みを聞いて共に考えたり、学校やお家での出来事を聞いて楽しませてもらったり。家では集中できないけど、塾は楽しく勉強できる場所だと感じてもらえるように心がけています。

  • 印象的な出来事

    ここに来ていなかったら
    合格できなかった、の言葉。

    ありきたりですが、受験生の合格発表は毎年印象に残ります。発表前の緊張感は未だに慣れません。年度によって生徒は様々ですが、今年は垂水駅前に赴任して初めての受験シーズンでした。外出自粛で、受験直前に休校となり、受験前日は電話で生徒へ応援をしていきました。約1か月後、ある生徒と保護者が一緒に挨拶にきてくださり、“ここに来ていなかったら合格していなかった”という言葉をいただいた時には、この仕事をしていて良かったなと思いました。

  • やりがい

    生徒が成長していく
    姿を見られること。

    生徒が自ら自習をしに来るなど、勉強に対して前向きになっていく姿を見ると、やりがいを感じます。分からない問題が分かるようになったときの顔を見たり、テストでいい点数を取ることができたという報告を聞くと、自分のことのように嬉しく思います。

  • 職場の風土

    生徒も職員も講師も
    互いが切磋琢磨する環境。

    生徒、講師ともに仲が良く、明るい雰囲気です。職員同士はもちろん、職員と講師が生徒について話をしたり、講師が生徒にとってどうすべきかを自発的に考えて行動しています。時には、講師が生徒を注意することもありますし、講師同士で意見し合うこともあります。生徒はそういった講師の姿を見て刺激を受け、講師も互いに切磋琢磨し合う。そんな風に、それぞれが成長できる場所だと思います。

One Day Schedule一日のスケジュール

13:00

出社・メールチェック

出社後、メールチェックや1日のスケジュールを確認。

13:30

事務などのデスクワーク

教室清掃や事務仕事を行いながら授業準備を進める。

17:00

授業開始

教室巡回をし、生徒の様子を見る。自習生徒にも声かけをする。

21:20

授業終了

生徒を見送り、講師の授業記録書をチェックする。

22:00

退社

  • ワークライフバランス

    休日はしっかり休んで
    リフレッシュしています。

    出勤時間が遅めなので、午前中の時間に用事を済ませたり、ゆっくりと過ごすことができます。休日もしっかり取ることができるので、リフレッシュもできます。

  • 求職者へのメッセージ

    辛いことも乗り越えられる
    『自分だけの楽しさ』を
    見つけてください。

    いろんな職種がある中で、私は“子どもと接することが楽しいから”という理由で、この職種を選びました。どんな仕事であっても、辛いこと・嫌なことはあります。そんな中でも仕事で、楽しいと思えることがひとつあるだけで、乗り越えられると思います。ぜひみなさんも自分にとっての楽しさを求めて、いろんな職種を見てみてください。そして、教育業を選んだ方と若松塾で一緒に働けることを楽しみにしています!