若松塾の中学受験 藤岡教室 四谷大塚NET

  • 校舎から選ぶ
  • コースから選ぶ
  • 入塾申込
  • 合格実績

合格者の声

分からないところは質問するスタイルで、1回1回力がついていくように思いました

須磨学園合格(2020年)

僕は5年生の4月に2組で若松塾に入りました。5年生では家庭学習はほとんどせず、そのまま6年生に上がりました。6年生のはじめに3組にあがることができましたが3組は2組よりも授業のペースが速くなったので追いつくのに必死でした。家庭学習をするようになったのもこのころだと思います。


最初は算数の週テストの点数はだいたい30点台後半でしたが、徐々に点数が上がっていきました。栃尾先生に国語の補習をしてもらい、国語の成績はいつも安定していました。夏期講習の途中で藤岡先生に算数の補習をしてもらうことになりました。場合の数・図形・速さなどの問題を解き、分からないところは質問をするというスタイルで補習が進んでいき、1回1回力がついていくように思いました。


夏期合宿では理科の暗記祭に合格することができずにとても悔しい思いをしました。冬期合宿では夏の暗記祭のくやしさをバネにして努力をしたので合格することができました。理科の暗記は暗記祭以外ではあまり真剣にしていなかったのでとても苦労しました。早いうちから暗記をしておくことが大切だと思います。

 

入試直前はいつも通りに勉強をして少し早めに寝ることにしました。このころは過去問を解くことと毎朝の計算練習をしっかりとやりました。入試前日は緊張で眠れないかと思ったけれど、ぐっすり眠ることができました。やれるだけのことはやったという達成感と自信があったからだと思います。

 

入試当日も僕はそこまで緊張はしていませんでした。家族が作ってくれたお守りと小学校の先生からもらった手紙を持って会場に行きました。須磨学園には2日間とも小島先生が激励にきてくれて、いつものようにみんなを笑わせてくれました。須磨学園の近所の八幡神社のおみくじを引き、一発で大吉を引いたといってみんなを喜ばせてくれました。2日目には出口先生や神谷先生も来てくれて、対策授業をしてくれたり、応援してくれたり、とてもリラックスできました。1回目の入試が終わったとき、特に国語の手応えが良かったので、受かったのではないかと思いました。2回目と3回目は1回目より手ごたえが悪かったけれど、どの回も無事に受かっていたので良かったです。

 

最後に、遅い時間まで質問にていねいに答えてくれて僕を合格に導いてくれた先生方、毎日お弁当を作ってくれたお母さん、夜遅くに迎えに来てくれたお父さん、僕が勉強をしている間テレビをがまんしてくれた妹、そして最後まで一緒に頑張った塾のみんな、本当にありがとうございました。



          

入塾申込

無料体験

資料請求

藤岡教室トピックス

 
小2小3からスタートする中学受験
   
四谷大塚SコースとWinコースについて
   
神戸大学附属中学 合格への道
   
0309_goukakujisseki_bnr
   
topics-voice
   
中学受験を目指す子供に親がやるべきこと
   
中学受験に向けた役立つ情報や藤岡教室の様子を発信!藤岡教室ブログ
 
ページトップへ戻る ページトップへ戻る