若松塾の中学受験 藤岡教室 四谷大塚NET

  • 校舎から選ぶ
  • 学年から選ぶ
  • 入塾テスト
  • 合格実績
  • マイページログイン

保護者の声

辛いはずの中学受験の勉強を、楽しいと思わせてくださった。

白陵 Kくんの保護者(2020年合格)

息子本人の意思が中学受験の始まりでした。「私立中学校に行きたいから塾に通いたい」と言い出したのが3年生の頃です。受験をする大変さについて何度も何度も話し合いを重ねました。それでも塾に通いたいという気持ちは変わらずにいたので、冬期講習からお世話になることにしました。

 

はじめの頃は、授業の内容を全く理解しておらず、家で一から教えなおしをしなければいけない状態でした。こんな調子で本当に大丈夫なのかと不安でしたが、何とか授業にもついていけるようになり、少しずつ勉強の楽しさを感じ始めた様に思いました。

 

しかし、テストの成績は安定せず、乱高下するばかり…。本人の「出来た!」や「今回は自信がある」という言葉は全くあてにならず、結果を見るまでは毎回ハラハラしたものです。

 

ひどすぎる成績の時には、つい小言が多くなり、怒ってしまうことも多々ありました。復習もせずにダラダラ過ごしている姿に、「やる気が無いなら今すぐ塾を辞めなさい」と強い口調で感情を爆発し、気づけば私のほうが受験に対し熱くなりすぎていました。

 

このままではダメになってしまうと思い、6年生になってからは見守るだけにしようと決めました。授業の後の居残りで復習と質問をしっかりすれば、きっと大丈夫なはずだと思い、私が勉強を教えるのをやめ、全て塾におまかせすることにしました。

 

自分で決めたことは最後まで責任をもってやりぬいて欲しいと思い、志望校を決める際も息子本人に決めさせ、結果がどちらであっても受け入れる覚悟で臨むようにと話しました。

 

入試の結果はお陰様で志望校全てで合格をいただき、本人の希望する学校への進学が決まりました。

 

塾での3年間は、息子を強く、大きく、そして最後までやりぬく諦めない心を育ててくださいました。辛いはずの中学受験の勉強を、塾が楽しい、勉強が楽しいと思わせてくださった先生方には感謝しかありません。心より御礼申し上げます。本当にありがとうございました。



 
20201009top-banner
   
20201014science-labo_banner
   
1013S_sokkuri_topics_banner
   
728_90
   
topics-voice
 
ページトップへ戻る ページトップへ戻る