若松塾の中学受験 藤岡教室 四谷大塚NET

  • 校舎から選ぶ
  • 学年から選ぶ
  • 入塾テスト
  • 合格実績
  • マイページログイン

保護者の声

受験生の親として、してあげてよかったと思うこと

須磨学園 Fくんの保護者(2020年合格)

まずこの場をお借りして、最後まで息子を力強く支え、志望校合格に導いてくださった先生方に心よりお礼申し上げます。辛いはずの受験勉強を楽しみながら乗り越えることができたのは、最初から最後まで本当にきめ細やかな指導をしてくださった先生方のおかげに他ならず、若松塾を選んで本当によかったと思っています。

 

お陰様で息子は第一志望の須磨学園に合格することができ、4月から始まる新生活に胸を躍らせています。息子は4年生から若松塾の板宿第二校でお世話になっておりましたが、本人の希望もあり本部校に籍を移したのが5年生の4月でした。受験勉強のスタートが遅れたこともあり、周りの受験生とのレベルの差に戸惑っていた時期もありましたが、一度も弱音を吐くことなく最後まで自分のペースを守って勉強できていたように思います。遊びたい盛りの小学生が毎日夜遅くまで勉強をしている姿を見ると、受験させるという決断は正しかったのだろうかと悩んだ時期もありましたが、今振り返ると、子供と二人三脚で受験に挑んだことで子供だけでなく親である我々にも新しい世界が開け、大きく成長する機会になりました。

 

以下では、受験生の親として、してあげてよかったと思うことを書かせていただきます。全ての方に当てはまるわけではありませんが、1つでもご参考になることがあれば幸いです。

 

1.情報の取捨選択をする

塾は常に、新しい情報を与え続けてくれます。それらすべてをマスターできれば言う事はありませんが、習熟度合いには個人差があります。もし、消化不良であると感じたならば、やるべきことと残された時間を天秤にかけ情報の取捨選択をしてあげる必要があると思います。ただし独断でやるのはとても危険です。本人と相談するのはもちろんのこと、必ず受験のプロである先生に相談し、アドバイスに従ってください。

 

2.他塾の模試やプレテストも活用する

合格のために必要なインプットやアウトプットの場の提供は若松塾の先生を信じていれば間違いありません。ですが、本番では普段とは違う環境で、知らない人と机を並べて受験することになります。この普段との違いで子供は緊張し普段通りの実力を発揮できなくなる可能性があります。そこで、可能であれば他塾の模試や中学校主催のプレテストを受けることをお勧めします。こういった経験を通じて慣れない雰囲気であっても平常心を保つ方法を身に付けてくれたと思います。

 

3.新聞を読ませる

我が家では6年生になったころから小学生新聞の購読を始めました。テキストには載っていない世の中の動きをつかみ、頭を柔らかくしてほしかったのと、時事問題対策にもなると考えたからです。

 

4.志望校を早めに絞り込む

必ずしも1校でなくてもいいと思いますし、直前で変更することもあるかと思いますが、早い段階で子供と相談し、志望校を絞り込むほうがいいと思います。そのためにはできる限り説明会や文化祭などに足を運ぶとよいと思います。時間がもったいないと感じるかもしれませんが私はむしろ逆だと思っています。志望校が決まり子供の気持ちに迷いがなくなれば驚くほどの集中力を見せると思います。

 

私は常日頃から、直前一週間、試験前日、当日に落ち着いた心境でいられることがとても大切だと考えていました。そのため、直前で慌てることのないよう余裕を持ったスケジュール管理を心掛けました。また受験は一年で最も寒い時期に実施されるため、家族全員の健康管理も大切です。予防接種、日ごろの食事、適度な運動など、手軽にできることから始められるといいと思います。あとは、「これだけやったんだから」と本人が思えたなら、結果は自ずとついてくると思います。

 

最後までお読みくださりありがとうございました。これを読んでくださった皆様が希望する学校に合格されることを心より祈っております。



 
20201009top-banner
   
20201014science-labo_banner
   
1013S_sokkuri_topics_banner
   
728_90
   
topics-voice
 
ページトップへ戻る ページトップへ戻る