若松塾の中学受験 藤岡教室 四谷大塚NET

  • 校舎から選ぶ
  • 学年から選ぶ
  • 入塾テスト
  • 合格実績
  • マイページログイン

保護者の声

どんなに遅くなってもニコニコ楽しそうに塾から出てくるのが不思議でさえありました

甲陽学院 Tくんの保護者(2020年合格)

三年間、息子をご指導いただきありがとうございました。受験するかどうかも決めずに入塾し、志望校もなかなか決まらない私たちをここまで導いてくださりありがとうございました。そして何より息子に「勉強の楽しさ」「勉強の仕方」を教えていただいたことをとても感謝しております。

 

中学受験というと小学生が遊ぶことも我慢して、 というつらいイメージがあるかもしれませんが、我が家の場合、続けたい習い事も6年になっても続け、6年生のGWや夏休みも家族旅行やキャンプに行っていました。授業を休まないようにはしていましたが、勉強はどこでもできると考え、キャンプ場や旅先でも必要なときは勉強道具を広げてあまり何も我慢せずに三年間過ごせたように思います。野球やサッカーをしていると試合があるように、息子は毎週のテストが「これはぼくにとっての試合」と話していたのを覚えています。わたしが息子が頑張ったな、と思うことは、毎週ある週テストを必ずそれに向けて勉強して受けていたことです。テストはいいときも悪いときもありましたが、毎回テスト結果を見るのも、順位表が貼り出されるのも楽しみにしている息子を見て、しっかり準備して臨めばテストも楽しめるんだな、と気付かされました。

 

5年生くらいから、居残りを始め、23時をすぎて塾を出てくる日々が増えました。6年生になると塾のない日も塾に行き、土曜特訓、日曜特訓、N特とお世話になり、ほとんど家におりませんでした。23時を過ぎて帰宅しても、帰宅後すぐにまた机に向かう息子を見て、睡眠時間を確保するため、はやく寝なさい、ばかり言っていたように思います。

 

塾では、週に一度、国語の長文読解を栃尾先生に見ていただきました。数回見ていただくのかと思っていたら1年間ずっと個人的に指導してくださいました。先生方から見ればまだまだではあると思いますが、息子の国語はわたしから見れば劇的に変化し、時間が足りず記述の問題はほぼ空欄だらけだった解答用紙が、毎回全部埋められているのを見て驚きました。

 

算数では週に二回、藤岡先生が苦手単元を中心に鍛えてくださいました。これも受験直前まで見ていただき、息子は時間さえあれば藤岡先生にいただくプリントを解いていました。まだまだ甘さのある息子に時には厳しい言葉もかけていただき感謝しています。

 

居残りでは遅い時間になっても質問にわかるまで丁寧に教えていただけるそうで、どんなに遅くなってもニコニコ楽しそうに塾から出てくるのが不思議でさえありました。藤岡教室は通常の授業時間もしっかりある上に、わからないところも授業時間外になってもしっかり見てくださるので、息子にとっては素晴らしい環境だったと思います。

 

受験当日。甲陽学院は2日間にわたる入試でした。わたしより息子の方が常に落ちついていて、あの幼かった息子がいつのまにか頼もしくなったんだなあと成長を噛みしめる日々になりました。受験の朝は、なんて言葉をかけようかずっと迷っていましたが、楽しんでおいで!と送り出しました。どちらの日も、「やりきった!」「楽しめたよ。」と言って出てきてくれたので、合否がどちらになろうともきっといい経験になったはず、と、とても安心したのを覚えています。

 

最後になりましたが、いつものんびりした息子ですので、イライラすることもあったかと思いますが、息子の性格に合わせて、勉強面、生活面、志望校についてまでも温かくご指導いただいた出口先生、ありがとうございました。息子の気持ちが沈んだときにはいつも声をかけてくださり、すぐに前向きな息子に戻してくれました。出口先生との雑談や、紹介していただく本についてのお話も息子の人生にとって貴重な経験になったと思います。


また理科でお世話になりました小島先生。小心者の息子は最後まで質問に行けなかったようですが、先生の授業や、たまにしてくださる実験をとても楽しみにしていました。合格発表の帰りの電車では、合格を一緒に喜んでいただくと同時に「今から2ヶ月。何かをするには充分な時間がある」と言っていただき、受験後の息子の生活まで指導してくださったことに胸が熱くなりました。


ほかの先生方ともそれぞれに数々のエピソードがあり、ここにはとても書ききれませんが、栃尾先生、藤岡先生、神谷先生、梶田先生、山口先生、鎌田先生、三路先生、藤井先生、大場先生、伊藤先生、ほかにも特訓や合宿などでお世話になりました藤岡教室の先生方、事務の方、本当にありがとうございました。



 
20201009top-banner
   
20201014science-labo_banner
   
1013S_sokkuri_topics_banner
   
728_90
   
topics-voice
 
ページトップへ戻る ページトップへ戻る