若松塾の中学受験 藤岡教室 四谷大塚NET

  • 校舎から選ぶ
  • 学年から選ぶ
  • 入塾テスト
  • 合格実績
  • マイページログイン

保護者の声

先生との信頼関係があったからこその合格

啓明学院 Kくんの保護者(2020年合格)

息子の中学受験について考えだしたのは、少し遅く4年生の終わり頃でした。受験をすると決めて若松塾のお世話になりだしたのは、5年生の6月からでした。受験勉強をスタートさせたのが遅くなったので息子に「今から1年半しかないけど頑張れるか?」と意思を確認すると「やってみる!」と言ってくれたので私も妻も全力でサポートする覚悟が出来ました。


初めは授業に全くついていけず、週テストや組分テストでは頭を抱えるような点数を取り、心が折れそうな日々が続きました。それでも、先生方の子供達が勉強を嫌にならないようにと工夫された楽しい授業のおかげで、塾を休みたいとは一度も言わず、最後まで頑張ってくれました。先生方の「今は飛び上がる為にバネを縮めてる時だから大丈夫です」の言葉と息子の努力をしている姿を見て、結果が出るのを信じました。しかしなかなか結果が出ず、秋の個別懇談でも「啓明はちょっと難しいかも」と言われておりました。


そんな息子が自分から「毎日塾に行く」と言い出した9月頃から、少しずつテストの結果が良くなっていき、最も苦手だった算数がいつの間にか最も好きな教科へと変わっていきました。息子に理由を聞いてみると、伊藤先生が「君を啓明学院に合格させる!」と言ってくれたから、僕はもっともっと頑張らないといけないと思ったからと言っておりました。とはいえ、入試直前まで合格の可能性は50%~60%でしたが、息子の「合格したい!」という気持ちは日に日に増していっておりました。


1月になると過去問を毎日やって、伊藤先生からも良い評価を貰えるようになり、少しずつ自信も付いていったみたいでした。


入試前日はすごく緊張しておりましたが、先生方の応援メッセージの動画を何度も観て、気持ちを落ち着かせておりました。


そして入試当日、息子は程好く緊張しながらも「ヨシ!行ってくる!」と気合の入った顔で試験会場に入って行きました。試験を終えて出て来た息子は「やれる事は全てやった」とすごく落ち着いておりました。


合格発表の日は、親子共に緊張してなかなか掲示板を見れませんでしたが、息子の番号を見つけた時は、今まで塾や家で全てを我慢して頑張ってきた息子の姿が思い出され、涙が溢れてきました。


息子が志望校に合格出来ましたのは、本人の努力は勿論ですが、若松塾の先生方の楽しいだけではなく、時には厳しく叱って息子を本気でご指導して頂いたおかげだと思っております。私も息子が合格出来るか不安になり何度も相談に伺いましたが、毎回丁寧に答えて頂き、帰る時には何故かいつも不安が消えておりました。本当に先生方との信頼関係がなければ合格出来なかったと思います。今まで息子を支えて頂いた先生方、事務員さんには心から感謝しております。本当にありがとうございました。



 
20201009top-banner
   
20201014science-labo_banner
   
1013S_sokkuri_topics_banner
   
728_90
   
topics-voice
 
ページトップへ戻る ページトップへ戻る