若松塾のあゆみ

1957年に神戸の地から始まり、学習塾の枠を越えた話題を提供し続けきた半世紀以上にわたる歴史は「子どものために何をしてやれるか?」という命題に対して、常に真摯に正面きって取り組んできた若松塾の足跡そのものです。

1957年~1985年~2005年~

「若松中学生教室」開校

19歳の井沢督二が中学3年生4人を預かり、神戸市長田区若松町で六畳一間の「若松中学生教室」を開校

21歳の井沢督二と若松塾一回生

1957年(昭和32年)

創立1年で、塾生が96人に

塾としては異例のキャンプ実施

高い評価を得て恒例行事となる。写真は翌年実施のもの。

鴨池キャンプ

キャンプについて詳しく 1958年(昭和33年)

中学3年 卒業生の文集「塾生活の想い出」創刊

▼第7回生文集。現職員の作文も見受けられる。

1963年(昭和38年)

昭和時代からの英語教育

若松塾では1960年代の初めから英語教育に力を入れ始めた。当時高価だったテープレコーダーにネイティブ英語を録音して授業に活用した。中1~中3の英語テキストを吹き込んでくれたのは、当時神戸に住んでいた英国人だった。写真は須磨のマリスト学園の生徒さん。真ん中は神父さん。

マリスト学園の生徒さんと神父さん

PICKUP

神戸市須磨区大田町に3階建て板宿校完成

板宿校

生徒送迎用の塾バスを運行

神戸では初めて、全国の塾のなかでも最も早い時期の導入だった。塾バス一号の運転手である木村三四郎は、その後49年間若松塾バスの運転手を務めた。

塾バスと木村三四郎

1965年(昭和40年)

塾名を「若松塾」に改称

若松塾ロゴ

1966年(昭和41年)

創立10周年

1967年(昭和42年)

神戸市垂水区に舞子校開校

申込初日で100人以上応募

難関私立中学受験Sクラスを新設

現在の「有名私立中学受験教室」

1975年(昭和50年)

創立20周年

1977年(昭和52年)

神戸市垂水区馬場通りに垂水校開校

1978年(昭和53年)

塾新聞「若松塾ニュース」創刊

1980年代の若松塾ニュース

垂水校を現在地(神戸市垂水区名谷町)に移転

1980年(昭和55年)

神戸市須磨区に名谷校開校

半年間で千人を超える生徒が集まり話題となる。名谷校の6階には合宿道場を併設。

1983年(昭和58年)

若松塾4校の生徒数が3千人突破

幼稚舎を開設

現在のジュニアコースの前身。体と五感を使ったり、小学校入学前から漢字を教えたりしたほか、ネイティブの英語教師による授業もあった。

幼稚舎

1984年(昭和59年)

全国No.1の評価

社会派ルポライター・亜蘭忍氏の著書「子供の将来は塾で決まる」で若松塾が全国No.1の評価

垂水校塾舎新築落成

垂水校

1985年(昭和60年)

神戸市北区西鈴蘭台に鈴蘭台校を開校

旧神戸第2学区へ初進出

1986年(昭和61年)

創立30周年

灘中学へ6年連続合格を達成

長田高校への合格者数が念願の100名を突破(119名)

神戸市垂水区学が丘に学園校開校

神戸市北区藤原台に北神校を開校

1987年(昭和62年)

Sクラス卒業生が東京大学へ一挙6名合格の快挙

1988年(昭和63年)

北神校を現在地(神戸市北区有野中町)へ移転

1991年(平成3年)

長田高校の合格者が6年連続で100名以上の大台突破

板宿校に初の高等部・東進衛星予備校を開校

授業コースを大幅改革

小学部にハイクラス、中学部に準拠クラスを新設

成績優秀者発表を告げる塾ニュース
▲当時の若松塾ニュースより

1992年(平成4年)

鈴蘭台校を現在地(神戸市北区鈴蘭台西町)へ移転、同時に東進衛星予備校を併設

卒業生が紅白歌合戦出場

28回生の久宝留理子さん、NHK紅白歌合戦へ初出場(翌年にも連続出場)。

1993年(平成5年)

森毅・植草貞夫・亜蘭忍の3氏を迎え教育講演

森氏の教育講演

神戸市西区の西神中央駅前に西神中央校開校、同時に東進衛星予備校を併設

1994年(平成6年)

阪神・淡路大震災で板宿本部校倒壊、舞子校閉鎖

板宿本部校を仮設教室へ移転。舞子校と学園校を統合。

震災後の板宿本部校

神戸市長田区平和台町に平和台校開校

板宿校の生徒を受け入れる。

震災後の平和台校

授業料の大幅減額措置

震災で罹災した生徒のため授業料の大幅減額措置を実施、対象者は611名にのぼる

神戸市北区の神鉄北鈴蘭台駅前に北鈴校開校

ジュニアコース本格的にスタート

(西神中央、鈴蘭台、名谷の3校で授業開始)

GS神戸へオリックス応援ツアー

塾生、父母を含め1100人参加

生徒数5千人を突破

1995年(平成7年)

舞子校を舞子坂シティビル3階に移転、再スタート

板宿校を東須磨駅前に移転

東須磨本部校として再スタート

1996年(平成8年)

創立40周年

記念行事「若松ワールド40」実施

神戸市西区に伊川谷校開校

1997年(平成9年)

清水塾と提携

清水塾板宿本部校が若松塾板宿校として再出発

板宿校に個別指導教室を併設

1998年(平成10年)

Sクラスから灘中3名、神戸女学院中4名全員合格

兵庫高校に過去最多の66名合格

小6公立クラスに週2日クラスを導入

1999年(平成11年)

兵庫高校に過去最多の70名合格

兵庫高校合格発表にて

神鉄西鈴蘭台駅前に西鈴校開校

グリーンスタジアム神戸プロ野球公式戦で若松塾がスポンサーに

若松塾ホームページ開設

2000年(平成12年)

親子3代にわたる若松塾生誕生

兵庫高校に過去最多の81名が合格

若松塾理事長に井沢督二(前塾長)が就任

長きにわたり若松塾を育て上げてきた井沢督二塾長が現場を勇退

新塾長に三笠慧(前副塾長)、副塾長に山口隆昭が就任

2001年(平成13年)

神戸市西区に14番目の校舎、西神南校開校

新校舎は、居心地の良さや空間デザインを追求。随所にオープンなコミュニケーションスペースを配置するなど「硬派若松塾」のイメージを一新。

灘中学に過去最多の5名合格

県立トップ高校2校(長田・兵庫)への合格者計、史上初めて200名突破

英国BBC放送が、Sクラス小6夏期合宿を取材

2002年(平成14年)

兵庫高校に過去最多の109名合格

板宿校リニューアル移転

高等部(東進衛星予備校)及び個別指導が新教室に。

6年Sクラス夏期特訓合宿を協同学苑(三木市)で実施

2003年(平成15年)

高等部(東進衛星予備校)全校舎でDVDプレーヤーを導入

神鉄岡場駅前に高等部(東進衛星予備校)北神岡場校開校

2004年(平成16年)

初の神戸以外での校舎、東加古川校開校

同時に高等部(東進衛星予備校)、個別指導教室を併設。

板宿本部校として本部が復活

震災以来10年ぶりに、板宿の地に本部が復活。板宿校は、板宿第二校と名称変更。

板宿本部校

JR加古川駅前に高等部(東進衛星予備校)加古川駅前校を開校

同時に個別指導教室を併設。

神鉄北鈴蘭台駅前に高等部(東進衛星予備校)北鈴蘭台校を開校

JR六甲道駅前に高等部(東進衛星予備校)六甲道校を開校

生徒数が7千人を突破

2005年(平成17年)

JR六甲道駅前に六甲道校を開校

送迎バスがリニューアル

鈴蘭台校で鮮やかなグリーンをメインカラーにした新デザインバスが登場。その後このデザインが若松塾バスのスタンダートとなった。

新デザインバス

西神南校に高等部(東進衛星予備校)西神南校を併設

若松塾ニュースがカラー化

116号より全8ページ中4ページがカラー、残り4ページが2色刷りになり読みやすく。写真は130号。

塾ニュースカラー

2006年(平成18年)

高等部から東京大学へ過去最多の4名合格

創立50周年

創立記念誌を発刊

50周年記念誌

小椋佳さんを招き、若松塾50周年記念公演「小椋佳 歌談の会」を開催

オープニングアクトには卒業生園田涼さん率いるソノダバンドが出演

西神南校に個別指導教室を併設

JR加古川駅前に加古川校開校

「若っ太くん」誕生

若松塾生デザインによるマスコットキャラクター。名前は公募により決定。

若っ太くん

若っ太くんについて詳しく 2007年(平成19年)

半世紀以上も受け継がれる伝統イベント

キャンプや遠足と並んで、学習塾としては珍しい伝統イベントのひとつが「卒業式」。高等部ができた現在は「中学部修了式と飛翔の会」として執り行われ、毎年教師や生徒の笑いと涙があふれている。

▼2010年
2010年修了式

▼1960年
1960年卒業式

PICKUP

地下鉄名谷駅前に高等部(東進衛星予備校)須磨パティオ校開校

2008年(平成20年)

JR大久保駅近くに明石学区初となる大久保校開校

2009年(平成21年)

高等部(東進衛星予備校)西神中央校がプレンティ専門店二番街に移転

西神中央校に個別指導教室を併設

卒業生メジャーデビュー

卒業生の園田涼さん率いるソノダバンド、FlyingStar Recordsからメジャーデビュー

個別指導加古川教室が日通加古川ビルへ移転

minebook(マインブック)導入

「読書カード」と「目標達成カード」をファイリングする若松塾オリジナルのマインブックが登場。「勉強の基礎となる読書を好きになってもらいたい」「身近な目標を立てることで目標達成力を培ってもらいたい」「大人になってから思い返す、心のアルバムにもなってほしい」との思いがある。

マインブック

2010年(平成22年)

自然科学体験合宿と理科実験教室

年間を通して理科に親しんでもらう取り組みを続けている若松塾。小6の自然科学体験合宿は、1泊2日を実験尽くしで過ごし、毎年好評を得ている。

自然科学体験合宿

その他、不定期に実施している理科実験教室では、理科に親しむためのものだったり、中学受験に直結する内容だったりと、毎回工夫と改良を重ねて実施している。

理科実験教室

PICKUP

中3で「一問一答理社1000題」を実施

オリジナルの理社暗記テスト。事前に入試頻出の1000問が載った冊子を使って暗記する。若松塾オリジナルの冊子は入試まで役立つと好評。

一問一答理社1000題

JR大久保駅前に高等部(東進衛星予備校)大久保駅前校開校

学園校に高等部(東進衛星予備校)学園南校を併設

三笠慧塾長、山口隆昭副塾長が顧問に就任

第3代塾長に大広正継、副塾長には船山高徳が就任

ジュクモン!(若松塾の問題演習教室)開講

「愛のワンコイン募金」にて福島県相馬市に寄付

東日本大震災直後に「愛のワンコイン募金」を実施。義援金100万円に塾生たちからのメッセージを添えて福島県相馬市に寄付した。

愛のワンコイン募金

2011年(平成23年)

中1生の「歓迎セレモニー」が「オール若松 春の野外フェス」としてリニューアル

春の野外フェス

理社暗記コンクール実施

「新学習指導要領」で増えた知識分野に対応すべく、高校入試の必須内容の学習を小学生から充実させた。

「わかまつっこ宣言」策定

会津若松の「あいづっこ宣言」に感銘を受け、若松塾生によりなじむよう一部改変を施した「わかまつっこ宣言」を策定した。

わかまつっこ宣言

舞子校を清水が丘へ移転

舞子校に個別指導教室を併設

舞子校にレインボーキッズ(若松塾の託児教室)を併設

ただ預かるだけの「託児所」ではなく、歌や絵本、リトミック、英語などに取り組む「託児教室」として、満2歳~未就園児を預かる。

講演の要望を受け、全国の学習塾関係者を対象とした「教育フォーラム」を開催

2012年(平成24年)

舞子校に高等部(東進衛星予備校)を併設

トップレベルクラスを開設

JR垂水駅前に個別指導垂水駅前教室を開校

神鉄岡場駅前に個別指導岡場駅前教室を開校

「神戸発のミュージシャンたち。」を開催

卒業生アーティスト3組(久宝留理子with都啓一、ソノダバンド、パーマネントフィッシュ)による異色のコンサートは、約1,000人を動員し成功を収めた。 会場では東日本大震災被災者への募金活動もおこなった。

神戸発のミュージシャンたち。

2013年(平成25年)

「わくわく」を大切にしたジュニアコースの取り組み

ジュニアコースの夏期講習にて実験などを通じて学習への興味・意欲をより高めることをねらいとした「わくわく♪タイム」が、2013年より本格的に始動。

その他、年間を通して、理科実験や課外活動を行う「ふしぎ探検隊」を実施している。

ふしぎ探検隊

PICKUP

垂水区舞多聞に個別指導舞多聞ケーズデンキ教室を開校

レインボーキッズ(若松塾の託児教室)を舞多聞に移転

レインボーキッズ

JR三ノ宮駅前に高等部(東進衛星予備校)三宮校を開校

東灘区岡本に高等部(東進衛星予備校)阪急岡本校を開校

「野球を楽しむ会」開催

プロ選手が活躍する球場で、塾生の対戦や教師たちの珍プレー続出の試合、ポニーリーグによる本格的な試合のほか、グラウンド内で遊べるアクティビティーも。以来毎年の恒例行事となる。

野球を楽しむ会

2014年(平成26年)

東灘区岡本に岡本校を開校

前年開設の高等部(東進衛星予備校)阪急岡本校と併設

西宮市に夙川アフタースクール開校

グローバル人材の育成に向けて「東京インターナショナルスクール 夙川アフタースクール」を開校

TIS夙川

夙川アフタースクールについて詳しく 2015年(平成27年)

西宮市に夙川キンダーガーテンを開園

前年開校の「東京インターナショナルスクール 夙川アフタースクール」に「東京インターナショナルスクール 夙川キンダーガーテン」を併設

TIS夙川キンダーガーテン

大久保校と高等部(東進衛星予備校)大久保駅前校をAKASAKA HILLSに移転・拡張

JR大久保駅近くに個別指導 大久保教室を開校

三田市に高等部(東進衛星予備校)南ウッディタウン駅前校を開校

JR・山陽 明石駅前に高等部(東進衛星予備校)パピオスあかし校を開校

生徒数が過去最多記録を更新

新コース「次世代型学習教室 若松塾すらら」を個別指導大久保教室に併設

日本e-Learning大賞 文部科学大臣賞を受賞した最新の次世代型学習システム「すらら」は、パソコンでキャラクターと対話しながら、自分の学力に応じて無理なく学習をすすめられる"eラーニング"を使った学習法。

若松塾すらら

すららについて詳しく 2016年(平成28年)

60周年ロゴ

創立60周年

「次世代型学習教室 若松塾すらら」を神戸市・加古川市でも開校

個別舞子教室・個別舞多聞ケーズデンキ教室を除く各個別指導教室に併設。

個別指導 岡場駅前教室をパルデューに移転

高等部(東進衛星予備校)北神岡場校を拡張

新コースのロボットプログラミング教室開校

ロボットプログラミング教室「アーテック エジソンアカデミー」を板宿本部校・西神南校・北鈴校・東加古川校・大久保校にて開校。全教室とも満員でスタート。2020年からは小学校でもプログラミングが必修教科になることが発表されている。

プログラミング教室

ロボットプログラミング教室について詳しく 2017年(平成29年)

百年に一度の教育改革(2020年の大学入試改革)において、文部科学省が提唱する「生きる力」を育む3つの柱と若松塾の取り組み

基礎的・基本的な知識・技能の習得

若松塾では参加型授業「発問応答式授業」を創立当初から実施。質の高い専任教師の授業は、クラス全員を授業に引き込み、「わかったつもり」を作らない。オリジナル教材も、日々の生徒の反応を見ながら授業を行う教師自身が改良を続けている。

授業風景

思考力・判断力・表現力等の育成

「発問応答式授業」は常に考え続けさせる授業で論理的な思考力や解決力を養う。さらに2017年からは全国に先駆けた「論理エンジンキッズ」や、新聞を活用した教育ツール「まなブリッジ!」を導入。また、板宿本部校を21世紀型スキルの育成・測定ができる「語彙・読解力検定」の準会場とするなど、「より良い教育のための進化」をし続けている。

「学びに向かう力・人間性」の涵養

人間教育も考える若松塾は、創立以来からキャンプや遠足を実施。さらに読書指導や目標達成指導なども加わり、思いやりや協調性、努力の尊さなど、社会で生きるための心を育んでいる。

2016年太尾キャンプ・読書倶楽部わかまつ

文部科学省 新学習指導要領(平成29年3月公示)はこちら PICKUP