中島 萌|社員メッセージ|若松塾

ENTRY

中島 萌

Megumi
Nakajima

個別指導教室 教務担当

中島 萌

2017年入社 / 個別 垂水駅前教室、個別 舞多聞ケーズデンキ教 教務担当

My Policy

生徒一人ひとりをきちんと見て、
それぞれの個性を大切に指導すること。

  • なぜこの職業に?

    教師の指導のおかげで
    自分が成長できたから。

    中学生のとき、私は家族や周囲の人々と反発することが多くありましたが、学校や塾の先生、家族など周りの人たちに手厚く指導していただいた経験があります。そのおかげでいままで成長できたと実感しており、まだまだ未熟ではありますが今度は自分が手助けする側になりたいと思い、人の成長に携われる教育業界を選びました。

  • なぜ若松塾に?

    生徒にも講師にも丁寧に
    指導する姿勢に惹かれた。

    目先の利益やノルマ達成を優先する企業が多い中で、若松塾は生徒のために何ができるかを真剣に考え、向き合う会社だからです。また、面倒見がよい所も魅力でした。私自身、元々個別指導の生徒出身で、大学時代には個別指導の講師として勤めていました。生徒だけでなく、講師に対する丁寧な指導も決め手でした。

  • 心がけていること

    真剣に向き合い
    できるだけ褒める。

    生徒一人ひとりと真剣に向き合うように心がけて、できるだけ褒めるように心がけています。例えば、生徒が前回よりもいい点数を取れたときや今までは解けなかった問題ができるようになったときなどです。また、生徒が宿題をやってこなかったり、テストであまりいい点を取れなかったときや何かいけないことをしてしまったときは、頭ごなしに叱るのではなく、理由を聞いたり、どうすればできるようになるか一緒に考えるようにしています。

  • 印象的な出来事

    やる気のなかった生徒が
    頑張って結果を出せた。

    中学受験を控えた生徒を指導していたときのことです。はじめは宿題も適当にやっていることが多く、言い訳ばかりで自習のときも勉強にまったく身が入っていない状態で叱られてばかりでした。しかし、講師や私たち職員の粘り強い指導の結果、算数のテストの点数が30点ほどアップしました。頑張った成果が少しずつですが結果に表れ始めたので生徒はうれしかったようです。私も生徒と同様、うれしく思いました。

  • やりがい

    生徒が「わかった!」と
    笑顔になる瞬間。

    やはり、生徒が「わかった!」と笑顔になる瞬間に一番やりがいを感じます。生徒が学校のテストでいい点を取った時や、わからない問題、できなかった問題が解けるようになったときは自分のことのようにうれしく思います。

  • 職場の風土

    「生徒のために」という
    気持ちを共有している職場。

    毎日通いたくなるような教室を目指して環境作りをしているので教室は明るい雰囲気です。生徒同士の関係も仲がよく、職員や講師間の関係も良好です。生徒と向き合うときは講師も職員もみな真剣で、「生徒のために」という気持ちを共有して業務に当たっている職場だと感じています。

One Day Schedule一日のスケジュール

13:20

出社

メールチェックや教室清掃、事務仕事を行う。

17:00

授業開始

教室を巡回し、生徒の授業の様子を見る。

22:00

授業終了

講師から授業の報告を受ける。

22:30

退社

  • ワークライフバランス

    出勤時間が遅いので
    休日は目一杯遊べます。

    終業時刻は22時30分で、一般的な企業に比べると遅い時間ですが、出勤は13時30分と割とゆっくりなので、休みの日は翌日の仕事を気にすることなく、目一杯遊べます。また、平日でも午前中に時間ができるため、用事を済ませることもできます。

  • 求職者へのメッセージ

    子ども達と真剣に
    向き合える仕事です。

    誰もが「生徒のために」と掲げて業務にあたっています。子ども達のために手助けしたい人には向いている職場です。真剣に子ども達と向き合いたい方、是非一緒に働きましょう。