有名私立中学受験教室 若松塾 藤岡教室

  • 校舎から選ぶ
  • 学年から選ぶ
  • 入塾テスト
  • 合格実績
  • マイページログイン

保護者の声

野球と両立しての受験。「勉強が楽しくて仕方がない」と息子に言わせてくださった

甲南(フロントランナー)Kさんの保護者(2018年合格)

息子が本格的に受験勉強を始めたのは6年生の夏期講習からでした。それまで少年野球を夢中でやってきた息子は地元中学から公立高校を目指す予定でしたので、小4より若松塾の六甲道校に通っていました。六甲道校での勉強はとても楽しいと本人も言っていましたし、塾や学校でも成績も特に問題はなかったように思います。ただ、周囲に私立中学を受験するお子さんがいたことや、実際に私立中学に進んだお子さんの様子を見て自分も受験に挑戦したいと思ったようです。

 

受験を意識し始めたことが急だったのですが、その旨を六甲道校の亘先生に相談したところ東須磨校の神谷先生をご紹介いただき、夏期講習の説明会に参加させていただきました。先生に受験のスタートが遅いこと、野球はできるだけ続けたい事を相談したところ「六甲道校での成績をみると基礎は出来ていそうだし、メリハリがあったほうが集中して勉強に取り組めるので、様子を見ながらにはなるけどスポーツを続けるのは良いのではないでしょうか」と言って頂いたので、出来るところまでは野球と受験勉強を両立する方向で夏期講習から東須磨校でお世話になりました。

 

最初は特に慣れない受験算数に非常に苦労しており「まったくわからへん」とお手上げだったようです。六甲道校の定期テストではそれなりに点数が取れていたこともあり30点台40点台のテストが続いた事にはかなりショックだったようですが、先生方からの「今までやってないところやから仕方がないよ。今から必ず伸びる時期がくるから。」との言葉が励みになったようで、わからないところはとことん教えて頂きました。夏休み中、平日は長時間の季節講習を受けながら低学年の頃から念願だった野球の大きな大会にも出る事ができました。

 

勉強の方も息子なりには頑張っていたのですが、9月に入って通常授業になってから、理科の暗記テストに続けて落ちてきた時にさすがに危機感を覚えた様子でした。「これ、受験終わるまで預かっといて…」とどうしてもやめられなかった携帯ゲームを預けてきた時が本当にスイッチが入った瞬間だったのかもしれません。そのあたりから野球の練習の為土曜授業に出られない分を平日に居残りして先生に質問してきたりするようになりました。そうしているうちに算数の基礎講座も開講して頂き、そのおかげかだんだんテストでも点数が出るようになってきて、最後のクラス分けではH+T1クラスに入る事が出来て大きな自信になった様子です。

 

最初は「合格出来たらどちらのコースでもいい」というところからのスタートでしたが志望校を見学に行って体験授業を受けたりするうちに「できればフロントランナーがいい」となり、受験勉強の終盤には「何が何でもフロントランナーに合格したい」というところまで目標が変わってきました。結局野球の方でも塾に通いながら12月まで少年野球での全ての公式戦に出る事が出来ました。

 

とにかく塾は最初から最後まで「楽しい」一言だったようで、思うように点が取れないときでも行くのが嫌だと言った事は一度もありませんでした。先生方の授業がとにかく面白く、仲の良いお友達も出来て一緒に居残りをするのも楽しくて仕方がなかったようです。塾のある日は一目散に学校から帰ってくるとおやつをほおばりながら学校の宿題を猛スピードで済ませ、「塾に遅れたくないからもう行くわ!」と重たいリュックとお弁当を持って家から飛び出して行っていました。帰りの車の中でも家でも自分から話しかけてくることはとにかく塾の話題ばかりで本当に楽しいんだろうな、と嬉しく思っていました。年末の冬期合宿にも自分から「参加したい」と言ってきたので参加させて頂きました。合宿では苦手単元での暗記テストが合格できなかった時に藤岡先生に直接アドバイス頂いたのがとても嬉しかったそうです。

 

受験当日は親の方がドキドキしていましたが、本人はすでに過去問をこなしていくうちに自信をつけていたので「もう大丈夫」と思っていたようです。入試が終わった時は晴れ晴れと自信に満ちた表情で受験会場から出て来ました。結果、午前・午後とも希望のコースで合格を頂くことができました。午後の試験は難易度が上がるので、希望のコースで合格できるとは正直思っていませんでしたので嬉しい驚きでした。結局終わってみて振り返ってみると受験勉強中に親が出来たことと言えばお弁当を作る事と送迎をすることくらいで、勉強の面で本人の頑張りをサポートして下さったのは若松塾でお世話になった先生方でした。

 

受験勉強を始めてからはあれだけ夢中になっていた野球よりも勉強の方が楽しいかも…といった時期もありました。「勉強が楽しくて仕方がない」と息子に言わせてくださり、またこちらの様々な不安や相談にも親身になって頂き本当にありがとうございました。若松塾でお世話になったすべての先生方に厚くお礼申し上げます。



 
topics_summersetsumei
   
topics_summerstart
   
topics_weeksoudan
   
topics-voice
   
topics_yotsuya
 
ページトップへ戻る ページトップへ戻る