有名私立中学受験教室 若松塾 藤岡教室

  • 校舎から選ぶ
  • 学年から選ぶ
  • 入塾テスト
  • 合格実績
  • マイページログイン

保護者の声

友達と切磋琢磨しながらの受験勉強は本当に楽しそうでした

三田学園 Mさんの保護者(2018年合格)

娘が中学受験をしたいと言い出したのが3年生頃。どうしても私にその決心がつかず時間が経過しましたがついに根負けし、5年生の春休みに遅めのスタートを切りました。入塾後はGクラスでスタートしましたが、算数が全くできずレベルの違いに愕然としました。本人も見たことのない点数、順位に何から手をつけたらいいのか分からず苦しんでいました。やらなければいけないけれどわからない、とにかく伸び悩みGクラスにギリギリしがみついている状態でした。再テストも消化できず、いつも悲惨な成績。娘にやる気がないようには思わないけれど、うまくいかない、そんな日々に転機が訪れました。

 

6年生の夏期確認テストの判定がH+Tクラス。クラス変更をせざる得ない状況になりました。今まで必死に食らいついてきたGクラスについに落とされてしまい不安になりましたが、「最終目標は合格です」と諭してくださった山口先生の言葉で、よし!伸びるチャンス!と気持ちを切り替えることができました。


H+Tクラスになった途端驚きの変化がおきました。「算数楽しい!めっちゃわかった!今までの問題がつながった!」と今までの苦手意識が嘘のようにイキイキと向き合うのです。少し基本的な問題から取り組むことで、今まで難解だと感じていた問題が理解できるようになり、メキメキと力をつけていきました。成績優秀者に名前が載ると自信になり、Gクラスの友達からの刺激を受けつつ、H+Tクラスの友達と切磋琢磨しながらの受験勉強は本当に楽しそうでした。夜遅くまでの居残りも目標を決めて取り組むようになり、毎日楽しく勉強していました。今思えば、絶妙なタイミングでのクラス変更でした。

 

統一受験日当日、娘は全く緊張する様子もなく普段通りでした。やっと試験が受けられるということを楽しみにしている様子で、ワクワクしていました。試験会場で塾の先生からの一人一人丁寧な激励、アドバイスにしっかり耳を傾け力強く送り出してくださったことで気合い十分、「行ってくるね!」と笑顔で試験会場へ向かいました。大手塾の激励集団を見ても全然動じることなく、いつも側で塾生活を見守り、叱咤激励して下さった先生が来てくださっている安心感、このきめ細やかさこそが若松塾の魅力だと感じました。

 

試験中保護者は待合室で待機。試験終了間際に張り出される問題を見ても、受験は全て塾任せだった私には難易度さえ分からず、ただただ祈ることしかできず不安でした。しかし試験会場から出てきた娘は笑顔。「楽しかった~!!絶対合格できている!手応えあるもん!」との感想でした。いくつか難しかった問題もあったようですが、きっと他の受験生も苦戦しているから大丈夫!とあっけらかんとした答えでした。

 

合格発表当日、ずっと目標にしていた三田学園合格を頂くことができました。私は正直感動というより安堵した気持ちでしたが、娘はガッツポーズをして満面の笑みでした。三田学園は娘が中学受験をする上でずっと憧れを抱いてきた学校です。とにかく行きたい、毎日学校ホームページの動画を見て自分が通う6年間のイメージトレーニングをしていました。パンフレットは10冊集め、1つは枕の下に忍ばせていました。学食のメニューを暗記、学校パンフレットの内容は全て暗記していました。

 

合格の力となったエピソードを一つ紹介させて下さい。6年生の秋頃だったでしょうか、その日はたまたま塾バスに乗らずに電車で通塾していました。車内で若松塾鈴蘭台校卒業1学年先輩の三田学園の生徒さんを見かけ、憧れの目で見ていた娘に、「若松の子だよね?」と声をかけてくれたそうです。「はい!三田学園が第一志望なんです!」と答えると「頑張ってね!すごく大変だと思うけど頑張ってよかったって本当に思うから」と言葉をかけてもらったとのこと。憧れの学校に通う若松の先輩からの応援は娘の力になり、本当に嬉しそうでした。同級生だけではなく、学年は違っても共に頑張る仲間としての一体感が塾にあるからこそのエピソードだと思います。

 

最後までとことん時間をかけ心身ともに子どもに向き合って下さる若松塾だからこそ、本命校だけでなく併願校全ての合格を頂けたのだと思います。いつも親身に相談に乗っていただき、時には厳しく、楽しくご指導下さった鈴蘭台校の先生方、個別指導の先生方、日曜特訓でお世話になった板宿校の先生方、事務員さん、本当にありがとうございました。



 
topics_summersetsumei
   
topics_summerstart
   
topics_weeksoudan
   
topics-voice
   
topics_yotsuya
 
ページトップへ戻る ページトップへ戻る