有名私立中学受験教室 若松塾 藤岡教室

  • 校舎から選ぶ
  • 学年から選ぶ
  • 入塾テスト
  • 合格実績
  • マイページログイン

保護者の声

たくさん叱って頂き、人間としても成長させて頂いた

淳心学院[ヴェリタス] Tくんの保護者(2018年合格)

やった、あった!!はやる気持ちで探した発表の番号の中に自分の受験番号を探し当て、ガッツポーズ。本当にお疲れ様。息子は私の腕をすり抜けて、塾のお友達の喜びの輪の中へ。皆がいるから頑張れた。塾のお友達は息子にとってライバルというよりは、大切な仲間でした。そんな意識を、4年間の若松塾生活に培って頂きました。

 

息子が若松塾にお世話になりましたのは、小学校3年生のときから。二つ上の長男ももちろん若松塾生。楽しく通う長男の姿を見ておりましたので、次男も通わせることに迷いはありませんでした。まだ乗りなれない地下鉄に、お兄ちゃんに手を引かれながら緊張した面持ちで塾に行き始めた頃のことを、昨日のように懐かしく思い出します。

 

長時間にわたる熱血授業が若松塾の特徴で、そこを心配される親御様もいらっしゃるとお聞きしますが、我が家にとってはそここそが魅力。親が仕事を持っております関係で、塾での宿題はもちろん、勉強の進み具合やつまずきなど、細かい部分のフォローを家族がしてやれません。勉強は塾の先生方を信頼してお任せし、体調面や精神面のフォローを家族がしてやるというように役割分担を意識し、子供と関わりました。結果的に、家庭で勉強の事をガミガミ言わなくて良い環境を作ってやれたのは、良かったのではないかと思います。

 

男の子二人、塾でお世話になったわけですが、同じように育てたつもりでも非常に個性の異なる二人。次男はなかなか成績が安定せず、毎週のマスターテストでも再テストの沼からなかなか這いあがれずに、やきもき致しました。ともすれば勉強が嫌になってしまわないかと心配いたしましたが、4年間の通塾生活で、ただの一度も「塾に行くのが嫌だ」といった事はありませんでした。毎日喜々として塾に行き夜中まで勉強した後、元気いっぱいお弁当箱を振り回しながら帰ってくる息子。これに関しては、兄弟二人とも同じでした。夜中に至るまでの長時間授業で、飽きっぽい男の子に対して、先生方はどんな魔法を使われているのか。不思議に思いながら送り迎えをしておりました。

 

塾の個人面談では子供それぞれの性格までも良く理解して下さった、的確なアドバイスを頂きました。特に受験校の選定の時期には、「僕に子供がいたら、この組み合わせで受けさせると思います。大丈夫です。」とまで言って頂き、不安でいっぱいの親を支えて頂きました。

 

若松塾といえば、思い出すことがもう一つ。授業中お友達に迷惑をかけてしまったり、他人を大切に出来ないような発言をしてしまった時には、先生方は特に厳しく叱って下さったという事です。子供たちの勉強だけでなく、人間としての成長も見守って下さった先生方。今でも時々兄弟二人、「だって俺ら、人間教育の若松塾出身やからな」と顔を見合わせてにんまりする事があります。きっとたくさん叱って頂き、人間としても成長させて頂いたのだろうとほほえましく頼もしく思って、先生方への感謝の気持ちで胸がいっぱいになるひと時です。

 

受験とは、小学生に体験させることにしては、少し異常なのかもしれません。だからこそ子供たちの人間としての成長まで損ねてしまう事のないように、先生方が細心の注意を払ってくださったのだという事、本当に感謝しています。若松っ子たちの受験の日の様子を見ていても思いました。緊張感のある受験会場で、若松塾の子供たちはお互いを励まし合って笑顔。先生方もあえてクスッと笑顔になるような面白いお話をして下さって、子供たちを落ち着かせて下さいました。

 

連日の試験は、子供の体力も精神力も奪っていきますが、塾でしっかり鍛えて頂いているおかげで一つ一つの試験を落ち着いて受けることが出来、受験校全てで合格を頂くことが出来ました。

 

遠くの学校に通わせることになり、親としての心配も多々ありますが、息子から「若松塾の仲間がいるから、大丈夫」と心強い一言。これからも子供たちの精神的な支えの根っこは、若松塾にあるのだと思います。この塾にお世話になって本当に良かった。子供たち二人の夢に輝く笑顔を見て、強くそう思います。長期間にわたり、温かく熱い御指導、本当にありがとうございました。



 
topics_summersetsumei
   
topics_summerstart
   
topics_weeksoudan
   
topics-voice
   
topics_yotsuya
 
ページトップへ戻る ページトップへ戻る