有名私立中学受験教室 若松塾 藤岡教室

  • 校舎から選ぶ
  • コースから選ぶ
  • 学年から選ぶ
  • 入塾テスト
  • 合格実績
  • マイページログイン

一人ひとりの合格ストーリー(コース選びのワンポイントアドバイス)

コース選びのワンポイントアドバイス!一人ひとりの合格ストーリー

できるだけ早いスタートをすることに越したことはありませんが、合格ストーリーは一人ひとり異なります。
若松塾では、一番最適な受験指導を行えるよう尽力します。

≪各合格ストーリー≫
すべて実際の合格ストーリーをもとにしております。保護者の声や、合格者本人の喜びの作文も併せてご覧ください。

ただし、こちらでは参考のためにクラス表記は、現在に合わせてあります。クラス編成の変更等、実際の作文と表記が異なる場合がありますが、ご了承ください。
ご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • 低学年から着実に合格を目指すパターン
  • 他の習い事と両立して合格するパターン
  • 短期間の受験勉強で合格するパターン
  • 他の塾から転入して合格するパターン
  • 低学年から着実に合格を目指すパターン
  • 他の習い事と両立して合格するパターン
  • 短期間の受験勉強で合格するパターン
  • 他の塾から転入して合格するパターン
  • 合格者の声はこちら
  • 保護者の声はこちら

CASE:低学年から着実に合格を目指すパターン

低学年から着実に合格を目指すパターン

灘合格

灘合格

灘中学合格 Kくん

家庭の事情により小5で退塾し他塾へ移る。転塾先では成績が安定せず受験断念。その後本人の希望により小6で若松塾へ戻り、無事合格。

神戸女学院合格・須磨学園合格

神戸女学院・須磨学園合格

神戸女学院合格 Kさん / 須磨学園 Oさん

ジュニアコースのテストで好成績をとり、中学受験の道へ。合格に喜びつつも、塾の卒業をさびしがる様子も…

神戸女学院合格 Kさんの保護者
須磨学園 Oさん

親和合格

親和合格

親和中学 Wさん

志望校がH+Tコース対象校だったため、小6夏期講習後にH+Tコースへ移り、無事合格。

※現在の卒業生が在籍していたころは、小2にはSコースがありませんでしたが、
現在は、中学受験をされるのであれば、ジュニアコースとSコースの兼籍をお勧めしております。

※低学年から始めることで、難しい内容でも勉強嫌いになることもなく、
志望校に合ったクラスに在籍することができ、合格するというパターンが一般的です。

CASE:ほかの習い事と両立して合格するパターン

ほかの習い事と両立して合格するパターン

滝川合格

滝川(S特進) Hくん

塾が週3日、水泳が週5日で土曜日は水泳の後に塾という生活ながらも両立を果たす。

三田学園合格

三田学園合格 Wくん

志望校を野球で選んだため、土日は野球優先。補習や居残りをとことん行い、文武両道を果たした。

★その他、野球と両立して甲陽学院へ合格した生徒も!

彼は当初ご両親に勉強に専念することを勧められながらも、最後まで野球を続けた。
小6の11月まで野球クラブの試合で勝ち残り、その後すさまじい頑張りを見せ、甲陽学院に合格。 教師から「灘なら中学受験として100点かもしれないけど、甲陽学院なら中学受験90点+野球でも90点の成績で、180点の経験ができたね」との言葉があった。
その後の大学受験で慶応大学医学部へ合格を果たしている。

CASE:短期間の受験勉強で合格するパターン

短期間の受験勉強で合格するパターン

三田学園・滝川合格

三田学園・滝川合格

三田学園・滝川 Hくん

入塾時は勉強面や友人関係などの不安があったものの、友だちもすぐにでき、最初は悲惨だったテストもコツコツと努力することで点数が上がっていった。受験本番では志望校の三田学園に合格すると同時に、併願志望の滝川では志望より上位のクラスにも合格。迷った末、滝川へ進学を決めた。

須磨学園合格

須磨学園合格

須磨学園 Oくん

小6夏休み前に中学受験を希望。最初の懇談で「今から始めるのは相当厳しいが、キミが頑張るなら僕らもがんばる、信じてついてきてほしい」と約束。居残りもがんばりつつ、学校にも休まず行き、3回ある試験のうち2回目で無事合格。

★その他、1年の勉強で甲陽学院に合格した生徒も!

塾通い経験は全くなかったが、若松塾での教えである、できないところを持ち帰らず「授業で理解する」ことを実行できたため、H+Tコース→SコースGクラス→SコースNKクラスと順調にレベルアップ。
1年の勉強で甲陽学院に余裕の合格を果たしたが、あと半年入塾が早ければ灘に合格していたと思われる。なお、その後は東京大学へ現役合格、大学院を卒業し、司法試験に合格した。

CASE:他の塾から転入して合格するパターン

他の塾から転入して合格するパターン

灘合格

灘合格

灘中学 Sくん

前の塾にいた頃は、家庭で宿題や復習をめぐっての喧嘩が絶えず、通塾の利便性も考えて若松塾へ。転入後は喧嘩もなくなり、小6時には前の塾の公開テストで過去最高の成績を獲得。睡眠確保や学校生活など、健全な生活をしながらの合格を果たした。

岡山白陵合格

岡山白陵合格

岡山白陵中学 Sさん

前の塾では小5のときに「岡山白陵は無理です。志望校を変えてください」との宣告を受けて不毛な日々を送るも、若松塾の噂を聞いて転塾。年末の合宿時には、たとえ受験に失敗しても悔いはないとまで思えるほどになったが、結果は無事志望校合格。

 
toukisetsumei_title
   
topics-taikenweek
   
topics-shinnenstart
   
bnr_top_topics_hatsumon
 
ページトップへ戻る ページトップへ戻る