有名私立中学受験教室 若松塾 藤岡教室

  • 校舎から選ぶ
  • コースから選ぶ
  • 学年から選ぶ
  • 入塾テスト
  • 合格実績
  • マイページログイン

発問応答形式

「発問応答形式」合格を勝ち取るだけではない「本当の学力」をつける、独自の学習システム。

独自の「発問応答形式」の授業

独自の「発問応答形式」の授業

教師の話すことが「音」として耳に入ってくるだけで、「話が聞けない」という子が増えています。
「発問応答形式」は、生徒が発表したことに対して教師が素早く応答し、さらに質問することで、頭の回転と思考を繰り返します。教師の技量がなければこの形態は成立しません。
発問応答形式の流れ
「いつあてられるかわからない状況」のため、教師の話をよく聞き、絶えず思考する環境があります。
教師の話すことが「音」として耳に入ってくるだけで、「話が聞けない」という子が増えています。
「発問応答形式」は、生徒が発表したことに対して教師が素早く応答し、さらに質問することで、頭の回転と思考を繰り返します。教師の技量がなければこの形態は成立しません。
発問応答形式の流れ
「いつあてられるかわからない状況」のため、教師の話をよく聞き、絶えず思考する環境があります。
発問形式がもたらす効果
人の話を聞くようになる→頭が回転する→深い理解と記憶
質問に対して答をみつけようとする→思考の連続→深い理解と記憶

合格の先も見据えた教育

合格の先も見据えた教育

中学合格は最終目標ではありません。その先の大学受験や夢の実現も見据えて、学力と共に精神力も向上できるよう指導します。 また、若松塾の「人間教育も考える」というモットーは、中学受験教室も例外ではありません。 “ 自分さえよければ” という風潮もある中学受験ですが、若松塾では人としての成長も重んじ、生徒同士が仲間意識の持てる雰囲気の中でのびのびと学習に励んでいます。
実際、中学合格後の卒業生が後輩たちの激励に訪れてくれたり、大学合格や就職の報告に来てくれたりする光景が毎年見られます。
保護者の声はこちら
 
toukisetsumei_title
   
topics-taikenweek
   
topics-shinnenstart
   
bnr_top_topics_hatsumon
 
ページトップへ戻る ページトップへ戻る