2016年10月

東進 南ウッディタウン駅前校、オープン間近!

2016/10/28

11月1日(火)、若松塾高等部・東進衛星予備校の新校舎、
「南ウッディタウン駅前校」がオープンします。
神鉄 南ウッディタウン駅からすぐの場所です。


中も綺麗で、落ち着いて勉強ができます。


若松塾高等部・東進衛星予備校は、面倒見の良さが自慢!!
「すべては生徒のために」の教育方針で、
あなたの志望大学・学力・部活や生徒会のスケジュール・性格にいたるまでを
把握して、合格まで全力で導きます。


新しい校舎で一緒に頑張りましょう!

そして今なら、
「冬期特別招待講習」に最大3講座無料でご招待!
1講座には、90分授業×5回・確認テスト・講座修了判定テスト・担任指導が含まれています。
受講可能講座はこちらをご覧ください!
高2生、高1生、高0生(高校生レベルの学力を持った中学生)が対象です。
詳しい申し込み方法などは、ホームページをご覧ください。

■若松塾トップページはこちらへ
■若松塾高等部・東進衛星予備校についてはこちらへ


目のふしぎを探検しました!

2016/10/22

10月22日(土)、ジュニアコースの「ふしぎ探検隊」が実施されました!
今回のテーマは「目のふしぎ」です!板宿第二校に撮影へ行ってきました。

まずは目について勉強します。
光の量が変わると、瞳の大きさが変わることを、自分の目で確かめます!

どのグループからも、「うわー!すごい!」「どうして??」など、
いろんな声が聞こえてきました。
「もう一回見たい!」と、鏡を何度も見ていました。

そして今日は「絵が動いて見えるおもちゃ」を作ります!
材料はこれ!

さて、これからどんなものを作るのでしょう??
白い紙には、目のイラスト・月と太陽のイラスト・花火のイラストが用意されています。
好きなイラストを選んで、黒い紙に貼っていきます。

みんなきれいに貼れていました!
王冠?違いますよ~(笑)

完成したものを見せてもらいました!
回しながら横から見てみると、先ほどのイラストが動いて見えるんです!

おもちゃをつくったあとも、まだまだ探検は続きました!

今日もあっという間の1時間半でした☆
「ふしぎ探検隊」では、日常にある、なぜ?どうして?な「ふしぎ」を考え、
実験や体験を通して学ぶことができます。
次回開催が決まったらホームページでご案内いたしますので、ぜひご参加ください!

■若松塾トップページはこちらへ
■ジュニアコースについてはこちらへ


本格的和紙づくり体験!

2016/10/15

10月10日(月・祝)に、有名私立中学受験教室を開講している、
東須磨校、鈴蘭台校、西神中央校で、「社会体験教室・本格的和紙づくり」を開催しました。

教師が、プライベートの高知県への旅行で、和紙作りに挑戦し、
そのときに、「子どものときに、こういった体験をさせてあげたい」
という思いをきっかけに動き始めたこの企画。
「本格的」を求めて、福井県の和紙の老舗に連絡して原料を仕入れ、
予行では、教師達が、まるで子どもに戻ったように、時間も忘れて和紙作りに没頭しました。

そうして迎えた、当日。
子どもたちは、「みつまた」「こうぞ」という、和紙の原料の正体を知り驚き、
実際に、水に原料を溶かしていく作業や、溶液を自分たちでこしらえた、
「紙漉き専用器具」で「漉く」作業から、紙を自分たちの手で作り出していくという喜びに
顔を輝かせていました。

紙を乾かしている〈アイロンで簡単にできます〉間は、紙に関しての授業です。
「記録する何かを造りたい!」という思いが、日常のささいな現象から
紙を発明するきっかけになった、ということを教えると、みんな感心しきり。
たまねぎやごぼうから紙を造る作業は、失敗したけれど、失敗もまた一つの実験の結果として
受け止めて、「モノづくり」の難しさを楽しんでくれたようです。

そうしているうちに、自分たちの手作り和紙が完成しました。
今すぐ、手紙として郵便局にもっていけそうなものが完成した子も、
形が少し崩れてしまった子もいました。

それでもアンケートには大半の子が、
「楽しかった!」「社会が好きになった」と書いてくれたので、この企画を実行して
改めて良かったなぁと感じました。

さっそく、みんなからは、「次は○○を作りたい!」という要望が届いています。
今後もそんな子どもの「モノづくり」への欲求をできる限り、実現させてあげたい。
そして、楽しみたいと思っています。

■有名私立中学受験教室はこちら

ページの先頭へ
若松塾トップへ