塾でも本格的な英語指導!

2014/04/25

よく「学校みたいな塾」と評される若松塾ですが... 楽しい雰囲気や、様々な行事以外に、
実はあまり知られていない(?)「学校のような」特長があるのです。

それは・・・ALT(Assistant Language Teacher)の存在!

学校にはよく外国人の先生がいて、
英語の授業でネイティブの発音を教えてくれたりしますね。
そんな先生が、若松塾にもいるんです。
しかも、25年間も若松塾で英語を教えており、
若松塾の教師の中にも教え子がいるというベテラン教師!


明るく楽しく、授業中はみんなの笑顔が絶えません。


ちなみに、若松塾が英語教育に力を入れ始めたのは、
なんと50年以上前!

当時は、市内に住む外国人学校の生徒さんに協力してもらい、
テープレコーダー(平成生まれのみんなは知っているかな...?)に
音声を吹き込んで、発音などを学んでいました。


塾ながら、受験英語をただ詰め込むのではなく、
本場の英語を楽しく身につけてもらいたい。
これも、創立以来続いている「全ては生徒のために」の理念のひとつです。


■若松塾トップページはこちら

ページの先頭へ
若松塾トップへ