2013年1月

1/23 舞子校に高等部開校!

2013/01/29

1/23(水)、若松塾高等部 東進衛星予備校 舞子校が開校しました!

昨年7月に移転・拡張した若松塾舞子校(小中学部)に併設する形となります。
綺麗で快適な学習環境と、キミのやる気を刺激する熱血教師が
志望大学合格までぐいぐいひっぱります!


若松塾舞子校卒業生は今までどおり通塾できます!
バスで通われる方も、西岡橋停留所前と便利な立地。


塾舎の裏側。レンガ造りの壁も、前に並ぶ看板もとても目立ちます

続いて3月には、若松塾の個別指導 舞子教室が正式開校!
さらに4月には、現在プレ開講中の 若松塾の託児教室 レインボーキッズも正式開校!
ますます充実していく若松塾舞子校に、これからもご期待ください!


■若松塾 東進衛星予備校では、現在、新高2・新高3生を対象に
無料の新年度招待講習を受付中!
予備校選びを迷われている方も、ぜひご参加ください!
もちろん、若松塾高等部 東進衛星予備校各校にて申込・受講が可能です。

■東進の有名教師の"生授業"が無料で受けられる!
 特別公開授業も受付中!お申し込みはお早めに!

東進衛星予備校一覧はこちら
若松塾トップページはこちら

2013年 中学合格喜びの声1

2013/01/25

現在、中学合格の声が続々と届いています!
今回は、保護者からいただいたお手紙を抜粋してご紹介します。

神戸海星中学合格者の保護者の方より

娘は、3年生から若松塾垂水校に入塾しました。
私自身が若松塾の卒業生であることと、姉が垂水校でお世話になっていることもあり、
何の迷いもなく入塾させました。

その頃は、中学受験など全く考えることもなく、
楽しく学んで、学力を身につけていけたら、と考えておりました。(中略)

5年生から板宿本部校に移り、本格的に中学受験の勉強を始めました。
最初、塾での勉強の圧倒的な量、質、スピードに打ちのめされ、
これはとんでもない世界に足を踏み入れたのでは...と青ざめていました。
中学受験はそんなに甘くはないと痛感させられました。(中略)

6年生になってからは、生活のすべてが「塾」という毎日でした。
私はひたすらお弁当を作り、車での送迎に専念しました。
姉も受験生ですので垂水校と板宿本部校を車で行ったり来たり、と送迎は大変でした。

居残り勉強の時間が長くなるにつれて、
何かと口実をつけてはサボる娘を指導して下さり、
時には私達親よりも娘の性格を把握して助言して下さり、
感謝の気持ちでいっぱいです。

志望校選びにおいても、弱気になってしまうところを
「まあ...大丈夫」と支えて下さり、第一志望校に合格することができました。
ありがとうございました。(以下略)

※全文は、今後制作予定の冊子に掲載予定です。


今後も受験・発表が続きます。中学合格速報は随時更新中です!
若松塾 有名私立中学受験教室はこちら
 有名私立中学受験教室の新年度は1/24より開講中!(新小2生は3月開講)
 今からでもしっかりフォローします。お気軽にお問い合わせください。
■私立中学へ進学される方へ、若松塾の個別指導では私立中学入学準備講座を受付中!

阪神・淡路大震災を振り返る

2013/01/18

昨日 1月17日は、阪神・淡路大震災からちょうど18年。
各ニュースなどでも、当時の様子などが報道されていました。

若松塾も甚大な被害を受け、当時の板宿本部校と舞子校は倒壊。
しかし、塾長(現:理事長)の井沢は悲観にくれながらも新しい教室の確保にかけずりまわり、
わずか二週間で本部の授業再開にこぎつけました。
その姿はテレビでも放送され、全国からたくさんのはげましのお便りや
学用品などをいただきました。

18年前、被災から二週間という早さで
授業再開へこぎつけたことに対し、井沢は
「特に、高校入試を目前にひかえた中学3年生のためにも、
 一日も早く代わりの教室を見つけ、授業を再開することが、
 私たちの最大の使命だと考えました。」といいます。


さらに、「(当時)38年間支援していただいた恩返し」として
罹災したご家庭を対象に、1年間の授業料大幅減額を実施。
対象者611人に、総額1億円近くの減額措置を行い、
これにも保護者の方からたくさんの感謝の声をいただきました。



これらの対応の根底にあるのは、
創立当初から掲げ、実践している「すべては生徒のために」という思い。
いつでも「生徒のために何ができるのか」を考えることで
おのずとやるべきことが明確になっていきます。


昨年3月の東日本大震災後には
即座に愛のワンコイン募金、被災地への応援メッセージ募集などを実行。
たくさんの方にご協力いただき、集まったメッセージと義援金は、
震災孤児の学業や生活支援に役立てていただきました。



これからも若松塾は、多くのみなさまに支えられている恩を忘れず、
「生徒のために」を実行し、邁進していきます。


若松塾トップページはこちら

ページの先頭へ
若松塾トップへ