2011年7月

数学を楽しもう!

2011/07/29

「数学ができるとはどういうこと?」
「数学は役に立つ?」

受講生へのそんな問いかけでスタートした
志田晶先生の特別公開授業。

始めは頭の上に"?"のついていた生徒たちでしたが、
授業が進むにつれ、次々と"!"に変わっていきます。

『数学の面白さを教えてくれた!』

『今日、円順列が好きになりました!目の輝きを隠せませんでした!!』

『数学が大の苦手で、東大の問題など理解できないと思っていたのに
 理解させてくれた志田先生はすごい!』
授業後の受講生の声には"!"が溢れていました!

「面白いと思って勉強しないと伸びない。」
授業の最後にそんな言葉を残した志田先生。

数学の面白さを植え付けられた受講生たちが、
この夏、どれだけ学力を伸ばしてくれるか楽しみです。


ちなみに冒頭の質問
「数学ができるとはどういうこと?」
「数学は役に立つ?」

志田先生流の答えは・・・
「数学ができるということは、合理的な判断ができるということ。
 それができれば世界中どこへ行っても仕事ができる」。

志田晶先生公開授業にて


無料特別公開授業のお知らせ
8月3日(水)は兵庫県神戸市ラッセホールにて
今井宏先生(英語)の公開授業を開催!
お申し込みはお近くの若松東進へ。

ちょっとしたきっかけが・・・

2011/07/26

夏休みが始まって、約一週間。
「勉強スケジュールを、きっちりこなせていますか?」

------目標がないと予定通りに進めるのは、なかなか難しいかもしれませんね。
そこで、若松塾では夏休みの目標づくりのひとつとして、
夏期講習の期間中、みんなのやる気を引き出す「コンクール」をいろいろ計画しています。

今日、ご紹介するのは「計算コンクール」と「漢字・知識コンクール」。
これは小学部(小3~小6)を対象に各校舎で行われます。
このコンクールの総合点の上位3名には、輝くトロフィーが授与されます。

また今年から、惜しくもトロフィーに届かなくても、
一生懸命に励んだ人には「努力賞」として、ミニ表彰状が渡されることになりました。
この表彰状は、minebook(マインブック)にファイルできるようになっています!
何度も消しては書いた計算ノート、何度覚えてもすぐに忘れたあの漢字・・・
そんな頑張った思い出が、「努力賞」としてファイルできたら、
ちょっといい気分ですね!

あんがい、こんなちょっとしたきっかけが、
苦手なことを「スキ!」に変えるのかもしれません。

今年、若松の夏期講習でそんな体験とみんなが出会えますように―――、
スタッフ一同、全力で取り組んでいます。

小学部予習講座は7月28日(木)からスタート!
今からでも間に合います。

もちろんこのコンクールにも参加していただけます。

昨年の優秀者に送られたポスター
校舎に大きく貼り出される優秀者ポスター!(2010年のポスター)

若松塾の夏期講習はこちら

勉強の中に楽しさを見つけられた

2011/07/22

いよいよ夏期講習が始まりました!
昨年の中3生、Mさん(長田高校1年)からの「夏期講習をより有意義にするアドバイス」をお届けします。
ぜひ、参考にしてください。

塾の夏期講習が始まって、理科や社会の自分の実力のなさに気づいて、
そこから頑張ろうと努力を始めました。

そのときに役に立ったのが、塾でもらった教材やプリントです。
特に社会では、何度も何度も同じプリントをくり返し使ったりして、覚えるように努力をしました。
すると、点数も前よりも上がりました。

そうなると、もっと頑張ろうと思うようになり、しだいに勉強をすることが、苦じゃなくなりました。
苦手だった数学も、前よりもあきらめず考えられるようになり、分かったときの喜びが大きかったです。

私は以前は勉強をすることが本当に嫌いだったけど、今はそうではありません。
勉強の中に楽しさを見つけることができました。その気持ちがこの合格にも結びついたのだと思います。
若松塾で本当に勉強以外にもたくさんのことを教えてもらえたなと思います。

------------若松塾ニュース156号から


若松塾の夏期講習についてはこちら
■小学部[予習講座] 7/28スタート!まだ間に合います!
■[中学部] 途中受講はお気軽にお近くの若松塾へご相談ください。
個別指導の夏期講習・ジュクモン!サマーは夏期講習生募集中!
高等部(東進衛星予備校)ではさまざまな無料企画をご用意しています!

        

ページの先頭へ
若松塾トップへ