2011年4月

後輩たちへ~先輩たちの反省集

2011/04/26

第54回生卒業文集より、
「後輩たちへ~先輩たちの反省集」を紹介します。

「後輩たちへ~先輩たちの反省集」

・復習はしっかりやること
・英語の長文は速く読めるように練習すること
・宿題は真面目にやること
・実技教科を甘く見ないこと
・英語と数学は毎日やること
・細かいところまで勉強すること
・日頃から勉強をするクセをつけること
・部活で忙しいが、再テストはためないこと
・行事ごとには積極的に参加すること
・中1から内申点を意識しておくこと
・実技教科の先生とは仲良くしましょう
・修学旅行では、神社仏閣へ2日、テーマパークは1日で
・部活のために勉強をあきらめるのはダメ
・一番前に座らないほうがよい
・すき間の時間を集中して使えるように
・塾に来る前に十分でも寝たほうがよい
・塾でおもしろい友達をたくさん作ろう
・今やれるべきことはやっておく
・社会の教科書はきちんと読んでおく
・苦手なところをしっかり勉強する
・部活を楽しむ
・よく学び、よく遊べ!
 

高校入試の参考になる体験談はもちろん、ところどころに
楽しかった塾生活の様子がうかがえます。

※毎年の文集は、卒業生と、現中1~中3生へプレゼントしています。

若松塾中学部についてはこちら

学力と姿勢を身につける

2011/04/23

4月も終わりに近づいてきました。
ピカピカの小学1年生のおともだちは、そろそろ学校になれてきたでしょうか?

今日はジュニアコース 小1クラスの授業がありました。
算数の授業は「いくつ と いくつ」。指を使って、足し算と引き算のお勉強です。


ですが、授業中に教えるのは、算数の授業内容だけではありません。

「これは初めてやる内容だから、わからなくても当たり前です。大丈夫。
 指を使わなくてもわかる子も、みんなで一緒に指を使ってやりましょう。
 わかる子は、わからないというおともだちにも教えてあげてください」

「先生は答えを間違っても怒りません。だから消さなくていいんだよ。
 がんばって解いた答えをのこしておいて、赤で正解を書きましょう。
 ふしぎなことに、自分が間違ったところを隠してしまったら、
 テストで同じ間違いをしてしまいます」


ジュニアコースのおともだちは、
まだまだ机に座ってお勉強をするということに慣れていない子も多いです。

毎回の授業の中で、学力だけでなく、勉強に対する姿勢や協調性も身につけていきます。
「人間教育も考えて半世紀」の若松塾。
この姿勢は、もちろんジュニアコースだけでなく、すべての生徒に対して実践しています。


若松塾ジュニアコースは見学・体験随時受付中!

先生の理科わくわく体験!

2011/04/19

先日ご紹介したGW特別企画に、続々と応募が集まっています!

みなさんに満足してもらうため、若松塾の教師たちは日々入念な準備に取り組んでいます。
今日は「理社わくわく体験」で行う、理科実験の勉強会が行われました。

どうすればもっと楽しんでもらえるか?
説明のしかたは?実験の順番は?
道具はこれよりもこっちを使ったほうが・・・
工夫に工夫が重なります。


実験が成功したときには、
「おぉ~!」「えっ!これが!?」「えええ!?」「すごい!!」
と、まるで生徒のような歓声が!

大人でも大いに楽んでしまったわくわく体験。
理科だけでなく、社会もきっと驚きの発見がいっぱいです。
GWまでお楽しみに!


[小4~小6対象] 理社わくわく体験
[中3対象] トップレベル講座
ジュニアコースは随時見学・体験受付中!



みんなでおおはしゃぎ!何の実験なんだろう...?

ページの先頭へ
若松塾トップへ