2010年11月

トップレベル選抜クラス 受講者の声

2010/11/30

「頂上を、目指せ。」

単なる合格が目的ではない。
目指すのは、トップ高校への上位合格。


―その名のとおり、選び抜かれた生徒のための「トップレベル選抜クラス」。
前期受講者の声の一部を紹介します。
後期は12月12日スタート!

 *****

この授業を受講する前と後では、確実に自分に変化が起こりました。
学力の面ではもちろんですが、
それ以上に考え方が変わりました。

目の前に迫っている高校受験だけではなく、
その先の高校生活や大学進学、
さらには社会に出た後のことまでを見据え、
今までよりもさらに広い視野で将来を考えていかないと
いけないということを実感しました。

数々の難問に立ち向かう中、
正しい答えが導き出せたときはとてもうれしかったです。
また、トップレベル選抜クラスで学んだことで、
今までならあきらめていた難問にも
立ち向かえるようになりました。

これからも、「頂上を目指せ」という言葉を胸に刻み、
トップ高校へトップ合格をすることを目標に、
そしてその先の大学進学をも見据えて、
日々努力し続けたいと思います。

このクラスに参加できたことは、今後の人生においても
素晴らしい経験になったと思います。


受験に奇跡は起こらない

2010/11/26

刻々と迫る中学受験。志望校合格に欠かせないのは「努力」です。
昨年、第一志望校の白陵中学に合格した先輩からのメッセージを紹介します。

  ***********

ぼくは、5年生の最初くらいにSコースに入り、
マスターテストでまあまあの点数を取っていたものの、
得意不得意の差がはげしく、あまり勉強をやっていなかったせいで、
テストの点数が下がってきてしまいました。

さらに長時間授業ということもあり、
受験をやめたいと思ったときも何回かありましたが、
前田先生が授業を楽しくしてくれたので
塾をやめたいとおもうことは全くありませんでした。

ぼくが、本当にまずいと思って熱心に勉強を始めたのは
6Sの9月くらいでした。
土曜特訓・日曜特訓の復習はできるだけ授業を受けた日のうちに復習、
そして居残りもたくさんしました。

これを続けていると、一週間の流れがスムーズになり、
マスターテストでも算数が10位以内になることが増えてきました。

しかし、理科や国語が不安定で、特に理科は生物の暗記が苦手でした。
もっと5Sのときにしっかり覚えておけばよかったとおもいました。
でも理科の復習を徹底的にやると、自信がついてきました。
ただ、そっくりテストが全体的に悪かったのがすごくくやしかったです。

藤岡先生が、よく言っていた「受験に奇跡は起こらない」という言葉はその通りです。
よく頑張った人が受かります。
だから、これから受験する人は、自分が合格することを信じて、頑張ってください。


合格へ向けてラストスパート!

受験生のつぶやき

2010/11/22

「受験を控えた子どもたちの声が聞きたい」と、
サンテレビさんが『つぶやきシグナル』の取材で訪れました。

インタビューに答えてくれたのは、
中学受験を控えた小6生と大学受験を控えた高3生たち。

みんな、緊張した面持ちながら、
しっかりと語って(つぶやいて)くれました。

その模様は、
11月25日(木) 17時30分~18時、
サンテレビ「ニュースシグナル」内『つぶやきシグナル』のコーナーで放映予定。


受験に対する意気込みや、将来の夢。
そして、いつも支えてくれている人への感謝の想い。
短い言葉ながら、等身大の受験生たちの声が聞けそうです。

受験生やその保護者の方もちろん、
受験はまだまだ先という方も必見!
ぜひ、番組をご覧ください!

撮影の様子
撮影の様子

ページの先頭へ
若松塾トップへ