2010年3月

若松賞!

2010/03/23

3月22日(月・祝)、兵庫県立文化体育館において第53回中学部卒業式が行われました。

第1部では、前回お知らせしたように
生徒さんや教師たちのパフォーマンスで会場は大いに盛り上がりました。



そして、第2部の式典は一転して厳粛な雰囲気に―。
ステージでは努力賞、皆勤賞、精勤賞の表彰に続いて、
「若松賞」(注1)が今年は二人に授与されました。
この受賞者の言葉を卒業文集からご紹介します。

*************************

僕は、小学校6年生の冬休みのときからこの若松塾に通い始めました。
そのころ、その年の精勤賞や皆勤賞の発表があり、そのときに若松賞の存在を知りました。
当時はまだそんなすごい賞があるのだなとしか思っていませんでしたが、
今こうして若松賞を受賞することができ、信じられない思いでいっぱいです。
3年間ありがとうございました。
名谷校 Yくん


若松塾は、わたしにとって家族のような、いつも私を支えてくれるかけがえのない存在でした。
授業後も遅くまで私の色々な質問に答えてくれた先生には、本当に感謝しています。
友達と笑い合った授業、先生との他愛もないやりとりなど、塾での思い出は、私の大切な宝物です。
若松塾に通うことができて、心からよかったと思っています。
六甲道校 Kさん


表彰状は表彰者の写真も入れて理事長が作ります

[注1]
若松賞は「塾の教育方針である『よく学びよく遊べ』の精神を最も果敢に実行し、
全塾生の模範なる業績をあげた人」に授与されます。

 

学習塾ブログランキング

ただ今、練習中・・・。

2010/03/18

3月16日午前中、本部校会議室・・・
リズミカルな曲に合わせて歌う声が響いてきます?!
のぞいてみると、声の正体は各校舎から集まった20名ほどの中3担当教師たち。
実はこれ、卒業式の余興のための練習中だったのです。

「第53回 中学修了式と飛翔の会」は22日、兵庫県立文化体育館で行われます。
第1部では各校舎の生徒さんたちの力のこもったダンス、ピアノ、ギター演奏等とともに
教師たちの若松バンド演奏や歌も披露されるのです。

さて、先ほどの歌の練習風景。
歌っているのはベテランから新人まで
パートに分かれて歌い継ぐので、教師たちそれぞれに見せ場が作られています。
さすがに手馴れている人たち! に混じって「この先生が?」と意外なメンバーも。

それはさておいて、
この学年最後の大事なイベントで「おめでとう!」の気持ちをこめて歌う曲。
これまでのみんなの一生懸命な表情や大きな成長を知っている教師たちだから――
この歌に託す深い気持ちは計り知れません。

真剣な練習はやはり予定時間を少しオーバーしてしまいました。


練習中の教師たち

 

学習塾ブログランキング

いつでも明るく。

2010/03/16

先日ご紹介した「私立中学合格喜びの声」の中から
神戸女学院・神戸海星に合格したYさんの文章をご紹介します。

*****************************

私が若松塾に通い始めたのは四年生の初めです。
通い始めたころは今までの塾のない生活とは違い、厳しいと思うこともありましたが、
先生方の面白い授業にどんどん引き込まれていきました。
五年生・六年生になるにつれ、塾の環境が変わってきました。
暗記テストやマスターテストで大変だった私が常に心がけていたことがあります。

・授業をしっかり吸収する
・その日の復習はその日のうちに
・分からないことは質問する

この三つを私は五年生の時から心がけてきました。もう一つ忘れていました。

・いつでも明るく

この四つを心がけることで合格をつかむことができました。うれしい気持ちでいっぱいです。
若松塾の授業はとてもおもしろく、また、人として成長できる授業でもあります。
若松塾で本当によかったと思います。


合格おめでとう!

 

学習塾ブログランキング

ページの先頭へ
若松塾トップへ