2010年2月

2010年大学合格喜びの声! 第1号!

2010/02/25

今年初の大学合格者の声を聞いて来ました!

徳島大学医学部医学科に現役合格した宮崎くん、
若松東進の一番気に入っていたポイントを次のように話してくれました。

「やっぱり家族的な雰囲気がよかったです!
 受講が個別ブースなんで集中できるし、
 勉強以外のときは友達や先生とリラックスできる時間もあったり――。
 初めは個別ブースでの受講なので孤独な勉強なのかな? って思っていたけど、ぜんぜん逆でしたね」。

 
実は宮崎君、小学4年生から若松塾に通っています。
高等部に進級した後も、中学生の時の担当教師からのちょっとした声かけも心の支えになったようです。

「船山先生には先生のプリクラをはった『合格必勝カイロ』をもらいましたし、
 副塾長先生からはトイレが一緒になったときとかにも声をかけてもらいました。
 それと、実はいま妹が若松塾に通っているんですが、
 バスの運転手さんが『お兄ちゃん元気か?』と言ってくれてたそうです。
今考えると、そんなちょっとしたことが案外ぼくの受験をサポートしてくれていた気がしてます。」

将来はがん治療の研究をしたいという宮崎君。
本当におめでとう! 夢に向かって頑張って!


おめでとう! 宮崎くん!

 

学習塾ブログランキング

卒業プレゼント第2弾は・・・!?

2010/02/23

塾から中3生にプレゼントされるのは卒業文集だけではありません。
色々な記念品に加えて、塾での思い出が詰まったDVDも一人ひとりに手渡されます。

DVDに収められるメインの映像は若松のナマの授業風景。
各クラスに広報課のスタッフがビデオカメラを向けます。

収録時期は1月中旬から2月初め、まさに高校受験直前!
各教室では1コマ1コマ真剣授業が展開されています。
先生も生徒もピリピリピリ!?
いえいえ、そこは若松塾、厳しい中にも笑いが――。

先日はこんな場面に出くわしました。
名谷校の大広先生が
「なんで、こんな時に宿題を忘れんねん?」と詰め寄っているのは成績優秀なYくん。
先生のさまざまな問いかけにYくんは悪びれないで言い訳を展開!
いつも繰り返されていることなのでしょうか?
この掛け合いにクラスメイトからは笑い声が・・・・・・
一転、教室は和やかな雰囲気につつまれました。

何年かたってこのシーンをDVDで見たとき、
若松塾での厳しく楽しかった授業を思い出し、気持ちは瞬間にして、
目的に向って一生懸命になっていた「熱い空間」にタイムスリップすることしょう!

そして、そのときにこの記念のDVDの本当の価値が生まれるのかもしれませんね。


「なんでこんなん塾に持ってくるん?」名谷校にて

 

学習塾ブログランキング

卒業文集、ただいま編集中!

2010/02/18

中3生にプレゼントする文集「塾生活の想い出」の編集が大詰めを迎えています。
102ページに及ぶ記念集は塾としてはかなり珍しいのではないでしょうか?

原稿の募集には生徒さんから何百もの作文やイラストが寄せられ感激でした!
文集のメインは、何と言っても1,000人近くいる中3生全員の顔が並ぶコーナー。
みんなの写真と共に「卒業にあたってのメッセージ」が――。
今年はみんなの夢が目立ちます。


「写真とメッセージ」のページ


「僕の夢は、どこの国の人でも対応できる通訳になりたいです。
今の僕が将来の自分を見て、かっこええと思える大人になりたいです。  東須磨校 Tくん」

「私の夢は獣医です。第一の理由は動物が好きだからです。
だけど私は理科が苦手でなかなか成績が伸びませんでした。
塾に来るようになって少しずつ伸びるようになりました。 西神中央校 Oさん」

「将来は研究者になりたい。というか、絶対なる!
 友達ができて楽しく勉強できたのは若松のおかげ   北鈴校 Mさん」

「僕の夢はボクサーになっていろいろな所で試合をしたいです。 大久保校 Tくん」


大きな夢や具体的な目標、みんなの笑顔の数だけ夢がつまった文集がもうすぐ出来上がります。
若松生! 目標に向ってガンバレ!!  

 

学習塾ブログランキング

ページの先頭へ
若松塾トップへ