HOME 若松塾の特長 若松の授業 若松塾の英語教育

若松塾の英語教育


「受験のための英語」だけではなく、「将来に生かせる英語」も学んでもらうために、生徒のためになる教育を追求し続けています。

グローバル化に向けて

英語教育が変わります!

2020年度からの大学入試制度改革に伴い、日本の英語教育も大きく変わろうとしています。新しい評価基準では読む・書く・聞く・話すの「4技能」が求められ、バランスよく習得することが必要となります。

「英語」に強い!若松塾

4技能は実用的な英語力を身に付けるために不可欠です。だから若松塾では、すでに様々な英語教育に取り組んでいます。たとえば、外国人教師による授業は数十年前から実施。また、小6でのフォニックス学習や中1の英文法学習などで、中学校からの学習、高校入試、さらにその先の高校での学習・大学へと繋がる英語力の下地を作っていきます。

若松塾の取り組み

正しく聞き取る力や英語への積極性を養成
外国人教師による楽しい授業でネイティブの発音・表現に慣れ親しみ、英語への好奇心や向上心を刺激し、英語学習への積極性を育みます(小学部の6年生対象)。日本人の専任教師による授業においても、ネイティブスピーカーにより収録された独自の映像教材やリスニング教材などを活用し、英語を正しく聞き取る力を養います。

英語圏の学習法「フォニックス」を導入
フォニックスは、文字と音の関係・発音のルールを学ぶ学習法です。これによって、単語を正しく書けるように、正しく発音できるようになります。 また、スペルと発音の習得だけでなく、聞く力も育まれ、リスニングにも強くなります。若松塾では、フォニックス研究において日本で最も歴史の長い「mpi松香フォニックス」の協力を得て、小6でフォニックス学習を導入しています。

英検や長文読解もサポート
普段の授業に加え、各試験・入試対策も受けることができます。たとえば若松塾は英検の取得を推奨しており(一部の校舎は準会場となっています)、希望者を対象に二次試験のスピーキング指導も実施しています。さらに一次試験(筆記・リスニング)対策や入試等の対策として、単独で集中受講できるコース・講座を設けています。
若松塾の問題演習教室ジュクモン!みんなの速読英語を掛け合わせた「英検対策コース」のほか、次世代型学習教室 若松塾すららの英検対策特訓など、現在の英語力や受検級、お子さんの性格に応じた対策が可能です。

教室一覧へ